無題

 相変わらず世の中では毎日いろんな事件、事故が起こっていていろいろと考えさせられる。今日の未明に元プロ野球選手だった村田兆治さんが亡くなった。死因は火事による一酸化炭素中毒とのこと。まあ直接の死因はそうだろうが報道ではそれ以上のことは触れられていない。だがこの火事を単なる火の不始末が原因で起きたと考える人はそう多くはないのではないかと思う。今時火の不始末といってもたばこを吸うならタバコの火が考えられるが、タバコを吸う人自体が少なくなっていることもあり、現在の火事の原因にはなりにくいのではないか。火事の発生時間からして料理をしていて油に火が燃え移ったとも考えにくい。あとは漏電によるものぐらいだろうか、これもあり得ることではあるが現在ではそんなにあるものでもないだろう。としたら事故の可能性よりも違う原因、理由があるのではないかというふうに考えるのが自然である。先日起きた空港での事件でまだ事情聴取が行われていたらしいから、このあたりのことも考慮すれば精神的に不安定になっていた可能性があり、そういう状況になった人間のとる行動は普通とは異なることが多くなる。まあ断定はもちろんできないが、そういうことであるから事故の可能性は低いのではないかと個人的には思っている。
 ワクチン接種後5分でアナフィラキシー症状が出て1時間半後に亡くなった40代女性の件だが、現場に居合わせた医師はアナフィラキシー症状に対応したことがなくどうすることもできなかったとのこと。これ100%人災だよね、つまり殺されたんだよ。何も対応できなかった医師も医師だが、対応できる医師を接種会場に配置しなかった行政側の責任が大きい。対応できる医師を配置していたら助かっていた可能性がある。まあそもそもアナフィラキシー症状を頻繁に起こす欠陥ワクチンを接種させること自体が間違ってると思うんだが、金と利権に目がくらんだ人間が大勢いるからこうなる。今回は接種してからの時間があまりにも短かったために各メディアも取り上げざるを得なかったようだが、これが翌日以降に起こっていたらもう知らんふりだよ、どのメディアも報道なんてしない。あっ、失礼、CBCさんだけは1年前からしっかり報道してくれているよね。全国でコロナワクチン接種後に起きた障害申請は過去40数年間にあったワクチン接種による障害申請件数をはるかに超えてしまっており、毎月毎月処理が追い付かず溜まっていく一方である。どうすんのかね?そのうち収拾がつかなくなるような気がしている。そんなワクチンなんだから一旦中止したらどうかと思うんだが、政府はとにかく打て打ての一点張りである。つくづく野党はアホの集まりだと思うのは、ワクチンはじめコロナに関する政策においていくらでも政府、与党を攻撃する材料があるのに、追求するのは統一教会のことばかりである。ようやく森、加計、桜を言わなくなったと思ったら今度は統一教会、そんなどうでもいいようなことにガヤガヤ言ってないでもっと大事なことに目を向けろよと思うが、所詮野党の議員も国民のことよりも自分たちのことしか考えていないからこうなるんだね。これは引きも直さずそんな議員を選んだ国民がアホという結論になるんだが仕方ないね、この点に関しては日本第一党の主張に同意するよ。だが選ぼうにもそんな議員しか立候補してこなかったから選びようがなかったというのもこれまた事実なんだな。まあこれはおそらく永遠に続くだろうね。ではまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック