これでもか

 今までこのブログでは救急車のサイレンが頻繁に聞こえるとか、去年と比べて死者数が大幅に増加しているというようなことを指摘して書いてきた。個人的にはその原因はまずこうであろうということは分かっていたが、なんせ明確なエビデンスがなかったから断言はせず、やんわりとヒント的な記述にとどめてきたという経緯がある。まあ世間をあまり刺激してはいけないと思っていたというのもあったからね。だが今日はハッキリと言うよ、それなりのエビデンスが出てきたからね。今年に入りワクチンの3回目接種が行われるようになり、特に2月と3月は接種回数が多かった月である。そしてこの接種回数に関しては政府が週ごとに数字を公表している。また死者数に関してはこれも週ごとに感染症なんちゃらというちゃんとした機関が公表している。で、毎週の接種回数と死者数の対前年増加数を1枚のグラフにしてみるとどうなるか? これ本当か?というほどピッタリと一致するのである。その相関係数たるや0.9である。相関係数が0.9なんていう事象は普通なかなかないぞ。0.9なんていうのはもうイコールと言ってもいいと思っている。まあ今回のエビデンスとしてはコロナワクチンの接種回数と昨年比死者増加数でしかないわけだが、これをどう分析してどうとらえるかは各人の判断に任せるが、よほどのウマシカでもない限り何らかの思いは生じるだろう。しかしこの事実がテレビや新聞で報道されることは決してないから、ほとんどの国民、特にジジババが知ることはない。みんなワクチンで死んだのは公表されてる1800人足らずであり、それもほとんどは因果関係は不明であるという大本営発表をありがたく信じているのである。そらぁこんなことが世間に広く知られてしまったら政府はひとたまりもないだろう。だがこれは政府だけの問題ではなく、自民党だけの問題でもない。野党を含めたほとんどすべての国会議員の問題である、ごくごく一部の議員を除いては。まあ今日の記事はその辺のおっさんの戯言だと思ってくれたらいい、その方が世間は平和でいられるだろうからね。なんせ私は幽霊とUFOは100%存在すると信じて疑わない人間なんでそこんとこよろしくです。じゃあまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック