雑感

 お盆はいいねぇ、正月よりはるかにいい。私がそう感じるのは好きな夏と嫌いな冬という季節的な違いもあるが、お盆という雰囲気というか空気感というのがいい。ご先祖様をお迎えして供養するという行事、習わしがなんとも言えず良い。心が落ち着くというか安らぐね。去年死んだ母親の初盆供養は6月の祥月命日に1周忌と一緒に菩提寺で済ませたので、今月のお盆は家で少しばかりお供えして線香をあげれば十分である。嫁はんが少し前に盆提灯は買わんでいいの?と聞いてきたが、ネットで調べた限りでは浄土真宗の場合盆提灯は不要ということになっていることもあって買っていない。子供のころ家では盆提灯を飾っていたような記憶もあるけど、狭いマンションということもあるし金もかかるしで買わなかった。ちゃんとした仏壇さえ買っていないのに提灯だけ買ってもしゃあないやろとも思うし。仏壇とか提灯というような物より先祖を供養するという気持ちのほうがはるかに大事なのである。今年は京都の大文字の送り火も3年ぶりに開催されるとのことでよかったと思う。学生時代4年間京都にいたが送り火は一度も見たことがない。そらぁ夏休みで実家に帰ってたから見れねえよ、7月の祇園祭さえ1回しか見たことがないんだから。そんなこともあってお盆は好きなんだけど、このお盆が終わると嫌な時期が始まるというイメージがいまだに残っている。そう、夏休みの宿題が残っているからである。何と言っても一番厄介なのが自由研究というやつだったな。こういうのが苦手で嫌で仕方なかったよ。その次に嫌なのが絵日記で、絵が得意でないというのもあったけど、それより日記というもの自体が嫌なほうだから、絵を描かなくてもいいとなっても最後まで残っていただろう。そんなわけでお盆が終わって20日を過ぎると2学期の始業式に向けたカウントダウンが始まるんだがこれがもう苦痛で苦痛で。あーもうこの齢になっても思い出したくないね。この世から宿題というものがなくなったらどうなるんだろう? 学力低下、格差拡大、そのほかにも考えられるものはあるだろうが、いい面もあるだろうし実際無くしてみないとどうなるかは分からんね。
 この記事を書いている今、甲子園では大阪桐蔭の試合が行われていて、少し気になってチラ見している。別に奈良県民である私が大阪を応援しているわけではない、大阪桐蔭高校だから気になっている。というのも私が毎月行っている散髪屋が大阪桐蔭のすぐ近くにあって、帰り道は毎回大阪桐蔭の前を通っているからである。やっぱ何事もそうだけど自分と何らかの関わりのあるものをつい応援したくなるよね、仮にそれが自分の思想信条なんかに反するものであっても。まあその反する程度と関わり度合いにもよるけどね。私は今までさんざん左派政党を否定してきたし、今でもその点に関しては変わりはないんだけど、もし個人的にかかわりのある人間が左派政党から選挙に立候補したら、その人間や関わり度合いにも依るが1票を投じるかもしれない可能性はあると自分でも思っている。まあ可能性としては低いことに間違いはないだろうが。今から15,6年ほど前、故郷である修羅の国で県会議員の選挙があったとき、小学生の同級生だった女性が共産党から立候補し、中学生の同級生だった男性が当時の民主党から立候補した。当然私には投票権はなかったけど、もし投票権があったなら共産党の女性候補に投票していた可能性が多分にある。というのもその二人の人間性、能力を比較すれば大分と差があったと思うからである。選挙の結果はわずか100票ほどの差で民主党から出た中学の同級生が当選したが、次の選挙では自民党から立候補した高校の同級生に敗れて落選している。まあそんな感じで自分と個人的のかかわりのある人間なり団体を贔屓目で見てしまうのは人間である以上ある程度は仕方がないことだと思うよ。とここまで書いたら大阪桐蔭がボロ勝ちで試合が終わったので記事もこれで終わりにしようと思う。じゃあまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック