YCCは永遠に可能か?

 日銀が現在行っている国債のYCCだが巷ではこれをいつまでやり続けるつもりなのか、またずっとやり続けることは可能なのかと言われている。続けることは不可能だと判断した外資による債券先物の売りが出て、一時は債券価格が急落する場面もあったがここ最近は落ち着いて元の価格に戻っているようだ。日銀としては長期金利は0.25%に据え置く形で債券を買って行くことを明言しているのだから今後ずっとやり続ける意思があることは外野が何と言おうがハッキリしている。問題はそれが可能なのかであるが、理論上は可能であると言えるだろう。日銀なんだから買おうと思えば無限に買えることになるんだからできないという道理はない。的外れのコメントに日銀が買い続けたらいずれ国債がなくなってしまうから買い続けることなんかできないというのがあるが、このコメントは以下の点で間違っていると私は思っているのだが違うだろうか。まずこのコメントは債券の現物しか念頭にないようだが、実際の金利は先物市場の価格をもとに決まるのだから、理論上買いに関しては無限に買えるということである。売りに関しては現渡する必要があることから現物がないと売れないということになるが、YCCを行う日銀にとってそんなことは関係ない、日銀は買いのことだけ考えていればよく、買いでYCCを行うことになるからだ。つまり理論上日銀は永遠にYCCを行うことができるのである。YCCという行為だけに限って言えば永遠に可能ということになるが、実行することで副作用が出て来ることになるから、理論上は可能でも実際に運用するのに永遠に可能とはならない。このことは過去に何度か書いたことがあるMMTとまったく一緒である。つまり理論上は可能でも実際にはそんな都合よい運用はできないということである。このままYCCを続けて行ったら円安はどんどん進み、物価はどんどん上がることになる。今現在でさえ物価が高い、高いという声がある中で、これ以上どんどん物価が高くなって行ったらどうなるだろう?国民はそれでも許容してくれるだろうか?黒東や一部のリフレ派は円安は総合的にはメリットの方が大きいから円安進行は国にとって問題ないというがそんな詭弁がいつまで通用するのかと思うね。本当にそう思っているならドル円が150円になろうが200円になろうが今の緩和政策を続けたらいいだろう、ただし国民から何と言われようとやり抜く覚悟があればの話だけどね。物価が今の2倍になって生活が苦しくて苦しくて…という国民の恨みで命を狙われないようにね。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック