機嫌よく死んでもらう

 2日ほど前に父親が入っている施設(介護付き住宅型有料老人ホーム)の看護師から電話があって、最近食べる量が増えてきて太る傾向にある、ついては訪問医師がその点に関して話をしておきたいとのことなので先生に電話してほしいとのことだった。そこで昨日先生に電話したのだが先生曰く、ここ最近食欲旺盛になって食べる量が多くなってきているようで、このままだと太ってきて将来的に心臓や腎臓の負担が大きくなってしまうことが危惧されますが・・・、ということであった。つまり食事の量を控えるようにした方が健康上望ましいということなんである。でも本人は食べたがっているのでどうしましょうか?と言う。そこで私はきっぱりと先生に言った、本人が望むだけ食べさせてやってください、太った結果病気になろうが構いません、90過ぎてますのでこれ以上長生きする必要もないですしと。すると先生は、はい分かりました、それじゃあ施設のほうにもそのように伝えておきますねと言って電話は3分もしないうちに終わった。私の予想では好きなだけ食べ続けて病気になるにしても最低あと2,3年は生きるだろうと思っている。というのも世間でよく言われるのに、仲のいい夫婦は相方が死んだら3年以内に残された方も死ぬというのがあるが、うちに両親はそれほど仲がいいと言うほどでもなかったから、母親が死んでまだ1年しか経っていないので最低でもあと2年は父親は死なないということになる。そうこうしているうちに95が見えてくる、もうええって、平均寿命より10年以上生きたら十分やろ。下手したらこっちのほうが先に死ぬかもしれんっちゅうのに。だから親父には好きなだけ食べたいだけ食べて機嫌よく死んでもらいたいんや、食べたいもんも食べさせてもらえんで生きててもしょうがないで、そんな長生きに何の意味がある?ここからもう5年も10年も生きんでよろしい。本当なら本人が好きな酒もたばこもやってもらいたいところである、残念ながら施設内でそれはできないようなので仕方ないが。ここまで書いてきて私が早く死んでくれるのを待ち望んでいるかのような印象を受けるかもしれないが、決してそんなことはなくて、とにかく自分の好きなように生きるのが一番であるということが言いたいだけなんよ。健康に悪いからあれは駄目これもダメと言われて制限されて生きてて何が楽しい?生きてる意味あるか?だから私は今日もインスタントラーメンを食べるのよ。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック