雑感

 参院選が始まり序盤が経過したが、ここに来てやっと岸田政権の支持率が落ちてきたのは、遅まきながら気付いた国民が増えたということの現れだろう。ネット上では今回の参院選では自民には投票しないという声が多く、自民党員でさえもそういった声が出ているくらいだ。その理由の多くは自民党がダメというよりも岸田政権がダメという声が多数を占めている。まあそれがまともな感覚であると思う。何度も言うが私は政権発足時点、いや発足前からそう言ってきた、岸田は駄目だと。彼の得意技はしっかりと検討することしかないので、どんな質問にも返す答えの中に「しっかり」か「検討」という二つの語句のどちらかもしくは両方が入ることになっている。暇な立憲議員が首相が発した「しっかり」という言葉を何回使ったか数えていたが、数えるまでもなくめちゃめちゃ多いことは誰でも感じるはずだ。私は総裁選の時からそれを感じていたこともあってこりゃ駄目だと思ったものである。まあこのくらいなら口癖ということで大目に見れなくもないが、先日の消費税減税に対する回答を聞いて決定的にダメというか無能ぶりをさらけ出してしまったなと思ったのである。消費税減税に反対する理由を問われて、消費税を減税すると買い控えが起こり消費が減退するからダメだと言ったが、私はこれを聞いて「馬鹿じゃねえの」と失礼ながら思ったのである。こんなのは経済学以前の問題で少し賢い高校生なら間違っているとわかるレベルのことである。こんなのが総理大臣を務めている現政権ではダメだと多くの国民が思い出しているから、ここ最近の支持率低下となっているんだと思うぞ。今の選挙予想では与党過半数は全く問題ないとなっているが、思っているほど楽勝とはならないんじゃないかと思えてくる。じゃあ今まで自民に流れていた票はどこに向かうのか?となると当然野党のどこかになるわけだが、普通に考えれば受け皿としては国民民主か維新になるのではないか?というよりこれらしかないと思っている。個人的には参政党を支持しているが如何せん新党であり知名度もないことから、今回の参院選ではそこまで議席を伸ばすことはできないだろう。選挙区での議席獲得はまず無理だろう、比例区で何とか複数議席を獲得してくれたら今回の選挙では目標達成としていいんじゃないか、そう思っている。共産、立憲に関してはいつも通り論外で、減らすことはあっても増えることはないと見ている。(当たり前すぎて書くほどのことじゃないね)立憲が議席を減らすのはいいとしても、辻元清美が比例当選して国会に戻ってくるのが気に入らない。なんであんな前科者を当選させるのか、考えるだけで反吐が出そうやわ。落選した原因を本人考えてみて曰く、「嫌な政治家になりかけていた」だと。なりかけていた?とっくの昔からなっとるわ、ドアホ!!頼むからあんたは国会の場から消えてくれ、関西でミキサー車乗ってセメントこねくり回してたらそんでええから。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック