付き合えんな

 昨日のナイトの履歴としては27288円で新規売りしたが30分ほどで同値で手仕舞いしています。 30分足の陰線が2本出たので売ってはみたものの上げそうな気配が出たので決済しましたが正解でした。 まあ新規売りをするところではなかったということなりますね。 売って少し経ったところで失敗と感じたのですが、その時すでに建値より10円以上高くなっていたのを何とか建値で決済したいと思い指値をしたら一瞬下に振れた時に決済出来たものでラッキーでした。 決済後は上がって行くだけでした。 なお今日の日中セッションはノートレです。 朝一押せば買いで入ろうかと思っていたのですが、押さずに上げて行ったので見送るだけで手は出していません、というか出ませんでした。 昨日の寄付からしたら1000円ほど上げていますが、そのうち私がとったのはわずか70円だけ。 昨日のナイトの始めに買おうかと思いながらも見送ったらもう買いで入るのは無理でした。 今日の朝も入れなかったらもうその後に入るのは不可能でした。 まあいいです、損はしてませんから。 以前は損はしてなくても大きく動いたにもかかわらず取れなかったら悔しい気持ちになっていましたが、今はもうそんな気持ちにはなりません。 この後どこまで上げるか分かりませんが、もうこうなったら意地でも買いはしないでおこうと思います。 まあそれなりに押せば検討ぐらいはするかもですが。 引けでつなぎ足の戻り高値27860円に面合わせしたのでナイトでこれを抜けたら週足ベースでの下降トレンドが終わることになります。 下降トレンドは終わりますが上げピッチが速すぎるので近々下押す場面はあるでしょう。 ひょっとしたら昨年の9月の上げの後10月に大きく下げた時のような局面が来るかもです。 地政学リスク、インフレリスク、緩和縮小等々からみてこれ以上の上げはどう考えても理屈に合わないでしょう。 地政学リスクとインフレリスクは解釈のしようもあるかと思いますが、緩和縮小というか金融引き締めに関してだけはどうしようもないでしょう、今後利上げをストップしてバランスシートの縮小もやめるというのなら分かりますが、まさかそんなことあり得ないでしょう。 マネーが今後確実に絞られていく中で株式相場が上昇するなんてことは今までもなかったしこれからもないです、これだけはハッキリ言えると思うんですよ。 不景気でも企業業績が悪くても戦争が起きてもマネーが世の中に溢れていれば株は上がるかもしれませんが、マネーが絞られていく中にあってはあり得ないですからね。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック