レンジ

昨日のナイトから今日の日中セッションまでの履歴
①26640 1- 売決済 1-3
(これより日中セッション)
➁26620 -1 買新規 1-4
③26615 1- 売決済 1-3
以上です。
 ①は26330円の買い玉を26710円の指値を入れて寝たのですが、朝6時過ぎに目覚めてチャートを見たら26705円まであって下げてきていたので決済したものです。 決済せずとも朝には約定するだろうと思いましたが、しなかった時のことを考えて手仕舞いしました。 結果的にはやはり26725円まであって約定していましたがこれは仕方ないです。
 ②は高値から押してきたところを拾ったのですが、値動きがイメージしたような動きにならず弱かったので5円だけ買値を下回ったところで微損決済したのが③です。
 相場は相変わらず値動きが読みにくい難しい状態となっています。 昨日からずっと27000円-26300円の範囲のレンジの動きになっていますので、うまくやれば上げと下げの両方取れるかもしれませんが、そんな器用な人はなかなかいてないと思います。
 ウクライナ情勢もあって先行きが読めない展開となっていますが、こんなものだれにも読むことはできないのですから気にするだけ無駄です。 自分のトレードの時間軸の流れが今どうなっているのかだけ把握してそれに乗るしか手はないと思っています。 まあこれは別に今の状況下に限らずいつも言えることなんですけどね。 これを頭では分かっていても実際のトレードになるとできない、高いところで買って安いところを売るというドヘタの見本みたいなトレードをやらかしてしまうんですね。 自分の時間軸の流れが今どうなっているか分からない、分かりにくいのであれば、今の値位置が高いのか安いのかだけでもちゃんと認識できていればそんな下手なトレードにはならないはずなんですが、それさえできていないから含み損を抱えて苦しむ羽目になるんでしょうね。 高いところを買って安いところを売ってしまう原因は今の動き、流れがさらに続く、つまり自分より大きな時間軸でのトレンドが発生するという風に思ってしまうところにあると思っています。 そんなに簡単にはトレンドなんて発生しないってことが分かっていないということになるんでしょうな。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック