なぜ勝てないか

 今日は久しぶりに良く寝た、目覚めたら10時前だったよ。 こんだけ起きるのが遅くなれば今日は確実に2食で済ますことが出来るから、体調をはじめ何事も良い方向へ向かう好循環が期待できるというものである。 
 さて自分のトレードについては日々振り返り反省しているつもりではあるが、今日は改めてなぜ思うように勝てないのか考えてみる。 先物のデイトレを始めて6か月経つか経たないかの初心者が勝てるわけねえだろと言われればその通りである。 それがこの世界の常識であり何ら疑いの余地はないことは分かっているつもりだ。 だが自分が勝てない原因は何なのかを分かっていないことには永久に勝てるようにはならないだろう。 原因が分かったとしてもそれを実践で克服できるかどうかは別問題なので分かっただけでは勝てないが分からないことには何も始まらない。 自分の過去のトレード履歴を振り返りながら思うのは、まず第一に自分のトレードの時間軸がハッキリしていないというか定まっていないということである。 マルチタイムフレーム分析が必要であることは間違いないのでいろいろな時間足のチャートを見るのだが、自分が戦う時間足のチャートがどれになるのかということが定まっていないように思える。 ある時は1時間足だったり、ある時は4時間足だったり、ある時は15分足だったりで一定していないようだ。 ようだって自分のことだろ、そこもはっきりしないのかよ、と言われましても本当になんとなくそう思えるだけなのである。 分析は各時間足が必要だが売買の判断は一つの時間足に絞っておかないと、その時その時で恣意的な判断をしてしまうことになると思うのよね。 第二の原因としては逆張りをやっているつもりが順張りになってしまっていて、高いところで買って安いところで売るという結果になってしまっているところだと思う。 そうなってしまう原因は本能のままにトレードするからで、それが通用するのはトレンドが発生したときだけである。 まあレンジ(保ち合い)なのかトレンドになるのかはその時点では分からないのだからどうしようもないと言えばそうである。 これはもうチャート分析からどっちになりそうかを判断してその自分の判断を信じてエントリーするしか手はない。 そのレンジかトレンドかの判断も時間足によって違ってくるから、先に述べたように一つの時間足に絞って売買判断をしなければならないということである。 上位足ではトレンドだが下位足はレンジだったり、その逆もあるからとにかく自分の時間足で売買判断を下すことが求められる。 とまあこんな感じで自分なりに原因を探ってみたのだが、仮にこれがその通りだとしても自分の売買を修正するには相当の時間が必要になるだろうと思っている。 ハイ分かりました、じゃあ明日からそうしますと言ってすぐに修正できるものではない。 だからまだしばらくは勝てない状況が続くんだろうと思っているし、勝てない主原因がこれらより別のところにあるとしたらさらに時間が掛かるし、その原因を見つけることが出来なければ永遠に勝てないということになるのである。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック