建て替え

 今日の寄付で期日の到来した玉を手仕舞い、新規で買い建てた。仕切値・建値は591.0円だったので49円の損切りである。ポジションは0-7のままだが、買いの平均値は608円になった。このブログで初めて平均値を書いた。林本で平均値がどうたらこうたらと書いたのが出てくるのだが、私は一々平均値が今いくらかと言うことにはこだわらないというか気にしてない。逆張りに徹していれば平均値は自ずと買いなら下がるし、売りなら上がるわけだから、一々計算する必要なんてないと思っている。資金が大きくて現物を多量に保有し、つなぎ売りでコストダウンを図りつつ、長いスパンで利益を上げることを狙っていく人にとっては平均値が重要になってくるかと思うが、短いスパンで波動の安いとこ、高いとこを想定して売買するのであれば、平均値なんてそんなに気にするほど意味のあることとは私には思えません。なので今まで平均値について書いたことはなかったし、今後も書くことはないだろうと思う。話を相場に戻すと、MUFGはいいところまで下げてきた。ここから下があるのなら積極的に拾っていくところだと思っているので、明日以降陰線新値が出れば躊躇なく買いを建てて行くつもりである。更に具体的に言えば陰線新値が出る毎に買いである。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック