ノックでトンネル

 前期高齢者になってから日経先物のデイトレを始めた身の程知らずのトレーダーが今日も千本ノックを受けているんだが、まともに捕球が出来ずボールをはじいたり、ボールを身体に当てて痛い思いをしている最中である。 そのうちグラブをグランドに投げ捨てて「もうやめや!」と言う代わりにマウスを床にたたきつけそうになっている自分がいる。 難しい打球を捕れないのは初心者なので仕方がないにしても、真正面に来た打球をトンネルするようなことをやっていたのではレギュラーの座は勝ち取れない。 今日はそんなトレードをしてしまって自己嫌悪感が半端ない。 まぁこれも経験のうちなのは分かっているつもりだが精神的ストレスはそれなりにある。 仕事でおんなじ間違いを3回もやると上司から「お前ええ加減にせえよ!」と言われるから、2回やったらもう次は絶対間違わんとこと気を引き締めれば仕事ならまぁまず間違うことはない。 だがことトレードに関してはこんな事したらあかんと頭で分かってはいるのだがつい何回となくやってしまう。 つまり2,3回のミスでは体にしみこまないということなんだな、まぁ5,6回やってどうにか身につくぐらいかな。 いや、5,6回でも身につかないかも知れないな。 おんなじミスを5回も6回もやるなんてバカなの?とトレードをした経験のない人は思うだろうね、トレード以外で5回も6回も同じミスする人なんてまず普通いないからね。 なぜトレードでは同じミスを何回もやってしまうのかと言えば、トレードは感情(恐怖と欲望)に左右されるところが大きいからだと思っている。 まぁ恐怖と欲望をなくすなんてことは不可能なんだから、いかにうまく自分でそれらをコントロールするかしかない。 そのコントロール力は経験を積むことでしか養えないと思っているので私はただひたすら毎日ノックを受けるしかないのである。 


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック