麻酔効いてる?

 7月から通い出した歯医者にもう10回近く通っていて、毎回笑気ガスの麻酔をかけて治療を受けているのだが、この麻酔が効いているのか効いてないのか自分でもよう分からないのである。 一応嘔吐反射に苦しむことなく治療を受けることが出来ているところを見ると効いていると言えるのかもしれないが、笑気ガスを吸っても何ら感覚的には変化がないと自分では感じている。 本来ならある程度自覚があると思うのだが、私にはそんな自覚は全くと言っていいほどない。 ただ自分に自覚がないだけでちゃんと効いているのかもしれない。 これを確認するのは簡単な話で一度笑気麻酔をかけずに治療を受けてみれば分かることである。 笑気ガスを吸わなくても反射が起こらなければ多分効いてないのだろうし、反射が起これば効いているということになると思われる。 もし効いてないとなれば今後笑気麻酔はやめようと思う。 一応保険は利いているというものの毎回麻酔費用が治療費に含まれてくるから、何回も通ううちに結構な金額になって来るのである。 でもなぁー、麻酔要りませんわ言うて治療受けてみて「オエッ!」ってなったらカッコ悪いもんなぁ。 う~ん、どうしょかな? もう少し様子を見てからにしようか。 そもそもこの嘔吐反射なるものの原因としては歯科治療に対する恐怖感から来ると一般的にはされているが、私が思うに確かにそれが一番の原因のように思うものの、それだけではないように思う。 やっぱ体調が悪いときは反射が起こりやすい、特に胃の調子が悪いときなどは反射が起こりやすいように思う。 だから予約日の前日から食べ過ぎて胃の調子を悪くしないように気を付けるようにしている。 反射とは無縁の人が羨ましいね、まぁでも私も一時期のことを思えばマシになった方だからね。 酷かったときはワイシャツの首のところのボタンは止めれないし、ネクタイもきつくは結べない、タートルネックのセーターは着れない、首のあたりに圧迫感を感じるだけで駄目だったからね。 そらぁそんな状態で歯医者になんか行こうと思わないでしょ、少々のことでは。 そんなわけで30年間歯医者に行ったことがなかったんだけど、歯磨きは念入りにしていたから見た目は割ときれいな歯をしていたと自分では思ってるんだけどね。 しかしユーチューブの動画で歯石取りなんかのものが山ほど投稿されているが、なんでこうなるまでほっといたんや、何年歯磨きしてないんやというものが多いね、30年歯医者に行かなかった私が言うのもなんやけど。 まぁだいたい歯医者は痛くならんと行かん人が多いからね、痛くもないのに自分から歯医者に行く人は自己管理が出来ている人なんだろうけど、行った方がいいと分かっていても私みたいに嘔吐反射があったりするとまず行けないだろうね。 でも今は笑気麻酔や静脈内鎮静法をやる歯医者が出てきているからそんな歯医者を探して行くということはできる。 それでも行くのはなかなか気力が要るけどね。 まぁでも歯は大事にせんとあかんと歯医者に行き出してからつくづく思ったよ。 今頃気が付いたんかい!という突っ込みは甘んじて受けます。 では今日も良い子はちゃんと歯磨きをしてから寝ましょうね。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック