修羅の国と言われる所以

 私の出身地である北九州市は修羅の国と言われることが多々ある。 なぜそのような言われ方をするのかピンとこない方も多いのではないかと思うが、先日の工藤会トップの裁判の経緯なりでそらそうやなと思われるのではないか。 暴力団も恐れる凶悪暴力団組織が存在している市なのである。 全国唯一の特定危険指定暴力団であり、一般市民に対してもためらうことなく平然と射殺をするような暴力団組織である。 みかじめ料を払わないスナックには手りゅう弾を投げ込むという暴挙に出る組織であり、これはもう暴力団というよりテロ組織と言った方がいいのではないかと思う。 そんな組織のトップに対して今回死刑判決が下された。 直接自らは殺人を犯していないが、組織として命令したという判断での判決である。 襲撃された人の中にはこのトップが診療(局部増大、脱毛)を受けた美容整形外科の担当看護師(女性)がいたが、そらぁこのトップが命令しないことには部下の組員が勝手に襲撃することはまずありえないだろう。 今回の判決を極めて妥当な判決であると世間は思っているのだが、判決後当の本人は退廷する際に裁判長に対して脅し、脅迫とも取れるような言葉を発している。 後に弁護団があの発言は脅迫ではないとコメントしているが。 トップのみならずこの組織のナンバー2も自分の判決結果(無期懲役)が気に入らず、裁判長に対して同じように暴言を吐いている。 こんな暴力団日本全国他にどこ探してもないと思うぞ。 こんなテロ組織まがいの暴力団が生まれた北九州市は全国からすれば日本一ガラが悪い市と認識されるがゆえに修羅の国と称される。 そんな地で育った私が書くブログは日本一ガラの悪いブログということになるのかな。 まぁ自分でも多少その傾向は垣間見れるように思っている。 なので上品な人からしたら眉を顰めるような記事もたまにあると思うが、そこは育ちの悪さ故ご容赦願いたいところである。 とはいえ極力上品な記事を書くように努めますので今後ともお付き合いくださいませ。 でもねぇ、表面上は取り繕っていてもいざという時につい地が出ちゃうんだよね。 まぁそんなのも含めてご愛嬌ということでよろしくです。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック