霧は晴れた

 今日も相場は順調に戻りを演じて引けている。 日経は100円ほど下げているが関係ない。 相場は1指数の表面の数字だけで判断できるものではない。 今週買い候補としていた銘柄のほとんどが上げてしまっており、相場の地合いの良さを現していると言える。 もうこれらの銘柄は買えないから来週に向けて新たな銘柄を発掘しなければならないが、うまく見つかるかどうかわからない。 まだ上げてない残っている銘柄はいつ上げるか分からないようなものばかりのような気がする。 そんな銘柄を狙うよりここ2,3日で上げだしたものに乗る方が効率はいいように思うが、私的にはそれは追っかけになると思っているので買えない。 買うなら次の押しでそれなりに下げたところを拾うしかない。 押しがなければ当然見送ることになる。 人によっては走り出したものに飛び乗るほうが効率がいいと考えて買い付けるだろうが、私はそのあとすぐに押した場合の含み損に耐えるのが苦痛で仕方がないのでやらない。 飛び乗った後そのまま上げるケースと押しが入るケースの割合がどの程度のものなのか正確な数字は分からないが、仮にそのまま上げるケースの方が多いとしても、押しが入るケースも少なからずあるわけで、それに引っかかった場合の含み損が嫌なのである。 含み損すべてが嫌なのではなく、買い下がりで抱える含み損には耐えられるのである。 つまり逆張りの買い付けによる含み損には耐えられるが、順張りの買い付けによる含み損には耐えられないというか嫌なのである。 これは性格によるものであるから私と反対の性格というか異なる性格、考え方の人なら飛び乗った方がいいのではないかと思う。 事程左様にその人の性格、考え方で売買手法、トレード手法は変わって来るのが普通であるから、それを無理やりこの手法でやりなさい的に言われる投資スクール的なものにお金をつぎ込むのはどうなの? もったいなくないですか? と私なんかは思うのである。 今の時代これだけネット環境が充実しているのだからその気さえあれば無料でいくらでも情報は手に入れることが出来るし、少しお金を出せば書籍を購入することもできる。 ただそれにしてもネット上の情報にしろ書籍にしろ、本物を見分ける目が必要にはなって来るけどね。 まぁそれでもネット上なら無料だし、書籍でもそれほどの金額にはならない、なんなら本屋で立ち読みすればいい、とにかく投資スクール、塾みたいなのに数十万も払うのはばかげている。(営業妨害してすんまそ) 世間では成功するためには成功者の真似をするのが一番であるとよく言われるが私は言いたいのよ、性格や考え方も違うだろうにその通りに真似できますか?と。 仮にばかになってその通り真似したとして最初はうまくいったようでもいつかどこかで必ず壁にぶち当たる、その時その壁を乗り越えるには自分の頭で考えるしかないはずである。 なら最初から自分で考えた方が土台がしっかり出来上がるんじゃないの?と私なんかは思う方だけどね。 スクールや塾的なものにお金を出してもいいのはネットや書籍では得ることのできない技術をそこで教えてくれる場合だけである。 まぁそんなところがあるかどうか知らんけど。 それと費用がせいぜい数万円程度ならまぁ騙されたと思って払ってもいいのかもしれないが、二桁万円以上は論外だね。 今はネット上に無料でも有料級の情報が転がっているから自分がそれらをどう料理して自分のものにするかの問題だと思う。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック