不思議の上げ

 今日は私の予想に反して日経は600円高となりましたが、私にはこの上げの理由がさっぱり分かりません。まぁ理由なんか別に分からなくてもいいちゃ良いのですがこれだけ上げるとさすがに何か理由はあるだろうと思うのです。米国が上げたからなんていうのは理由にならないですよ。だって昨晩は百数十ドルしか上げていないし、東京時間のダウ先物も百数十ドルの上げであり、両方で300ドル程度の上げにしかなりませんからね。大きく上げた日経ですがここぐらいまでの上げ(戻り)は先日の記事で書いたように想定済みですので驚くほどのことではないですし、これで上昇トレンド復帰となったわけではないですからね。まだ下降トレンドラインはブレイクしてませんし、今月10日の高値を超えてこないことには下降に転じる可能性は十分残っていることになります。さらに言えば中期線と長期戦がGCするまでは安心できません。ただ今日で相場は今後上と下どちらに向かうかとなると、上の可能性の方がやや高くなったとは言えるかも知れませんね。今の時点ではあくまで「やや」です、GCしたらほぼほぼ上と見ていいと思いますが。相場に関しては以上になります。
 さて今日はいつもより朝早く目が覚めたのと、来週月曜日まではノートレを決め込んでいることもあって、日中何かしらしないと時間がつぶせないので他府県まで足を延ばしてドンキに行ってきた。家から一番近いドンキが他府県になるってどんだけ田舎やねん! ドンキに向かった目的はと言えばアレですよ、アレ。以前記事で書いたスーパーやコンビニには売っていないプルダックポックンミョンを買うためです。売り場まで一直線に走って早々にレジを済ませたが、それにしても高っけえな、日本のラーメンの倍するやんか、インスタントの袋麺のくせに・・・。そんなことを思いながらも早く食べたいという一心で帰ってきたわけでございます。辛いとは聞いているが辛ラーメンとそんなに変わらんやろ、だったら食べれるわと思っていたのだが、いざ食べてみるとこれが想像以上に辛かったのよ。最初のうちはまあ辛いけど美味しいわと思って食べていたのだが、途中から辛さが半端なく込み上げてきて、堪らず冷蔵庫からお茶を出してきて飲んだよ。それでもなかなか辛さは治まらず「あ~もうこれダメかも」と思いだした。でも高いのに残すのはもったいないから何とかして食べてやろうとするが、3分の1ほどを残して箸がなかなか動かないで困っていた。こうなったらもう高須幹也方式で行くしかないと思い、キッチンへ行って水道の蛇口をひねって・・・、その後に美味しく頂きました。まぁ今日は1発目だったので仕方あんめえ、次はきっちりと片を付けてやるよ。う~ん、プルダックポックンミョンごときで手こずっていたんではペヤングの極激辛は無理なんだろうか? いやいやこんなのは所詮慣れるかどうかの問題だから多分大丈夫っしょ。もしどうしても慣れないようならコロナに感染すれば味覚がなくなるそうだから食べれるんじゃね?と思うね。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック