戻りいっぱいか

 う~ん、今日は弱かったね。感触的にはここから下っぽいんだけどどうなるかな。緩やかではあるが中期トレンドは下なのでここから日経は27000円を目指して下げに向かうのが自然な値動きということになる。であればしばらくは買いはストップしないといけない。買い下がるにしても資金は有限なんだから節目までは無駄弾を撃ってはいけない。とりあえず今月はもう売買(買い)はしないつもりでいる。こう決めてしまうと金曜から来週月曜まで日中(ザラ場)することがないので退屈になる。外出も梅雨とコロナで気が乗らない。となると家の中でダラダラと過ごすしかないか。
 国民の多くが中止したほうがいいと思っているが、政府、東京都は極力やりたいと思っていて、IOCは何が何でもやると思っているオリンピック。前にも言ったとおり個人的にはやってもやらなくてもオリンピックなんてどうでもいいと思っているからどうでもいいんだが、相場と一緒で予想する分には面白いから予想してみる。まぁ結論から言えばオリンピックはやることになるはずである。中止はよほどのことが起きないことにはあり得ないだろうと思っている。よほどのことというのはここから感染者が爆発的に増えることを指すが、それはまずないだろう。来月20日まで緊急事態宣言が延長されることで、ここから感染者が減ることはあっても増えるとは考えにくいからである。6月20日まで延長されるのであれば、6月末や7月初めごろは現在よりかはかなり低い数字になっていると思われる。仮にそのあたりを底として再び増加傾向に転じたとしても絶対値的にはまだ高くないだろうし、7月中旬になれば直前となりその時点での中止はどう考えてもあり得ない。ということで中止になることは極めて考えにくい、あとは観客をどうするかの問題である。感染者数が高止まったままであれば最悪は無観客ということも考えられるが、中止はあり得ないのである。ただオリンピックの開催は政府、与党にとってギャンブルにもなる。もし開催したことで感染者が爆発的に増えたなら秋の総選挙で完全敗北となることは間違いないだろう。となればこの国はコロナでも政治でも大変なことになってしまうのである。今の与党が敗北した後、どの政党が政権を取るのかを考えたら私は恐ろしいのだ。今から10年前のことを思い出したらもう二度とあのころには戻りたくないと思うのだが、そう考える国民が果たしてどれだけいるだろうか? そんなことはもう忘れてしまって投票用紙に書き込むのではないか? そんな気がしている。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック