20日線の抵抗

 相場は今日も戻りを演じ日経は200円近い上昇となっているが、昨日、今日と20日線に阻まれて上に抜けることは叶わなかった。今週いっぱいか来週初まで戻り基調で28900円台まで上げた後、戻り売りに押されて反転下降に転じるというシナリオを現時点では見ている。そんな中、今週買い候補としていた銘柄の中から射程圏に入ってきたものが1,2出てきたので明日以降買い注文を出すかどうか検討することになるが、この先全体相場が下げるシナリオを抱えているのでちょっと悩ましいところである。しかしここは予定通りに射程圏に入ってきたものは引き付けてから引き金を引くのが正解であると思う。というのはシナリオ通りの相場になるかどうかなんて分からないからである。シナリオなんてあくまで単なる予想に過ぎないものであり、その通りにならない確率の方が高いと思っておいて間違いはない。それと仮に全体相場がシナリオ通りになったとしても個別は同じように動くとは限らない。下げ切った個別は全体が下げても下がらない、下げにくいのが普通である。ということで明日は値動きによっては買いを入れる可能性があります。相場に関しては以上です。
 東京と大阪では昨日からワクチンの大規模接種が始まってやっと日本も本格的なワクチン接種の運びとなった。これでワクチン接種が進んで行けばマスクなしで過ごせるようになる日が来るはずであると私は思っていたが、今日の新聞に某大学病院の副院長のコメントで「今年度いっぱいはマスクをしておくべきだ」という記事が載っていた。ちょっと待ったぁー、おかしくねえか? 今年度いっぱいということは来年3月までということであり、あと1年近くマスクをしなければならないということになる。そらぁワクチンで100%感染を防げないのは承知しているが、ワクチンを接種したにもかかわらずマスク着用しなきゃならないんだったら何のためのワクチン接種なのか?と思ったんだ。その理屈なら今年度いっぱいじゃなくてずっとマスクしとかにゃならんことになってしまうぞ、違うか? まぁ誰が何と言おうが私は自分の判断で決めるからいいけど、物事深く考えない人間は大学病院の偉い人がこう言ってるからとその通り従っちゃうんだろうね。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック