トレード対象を拡張

 今日は朝からユーチューブで女子ゴルフのパナソニックオープンレディースをずっと見ていた。リアルタイムで見れてCMがまったくない。録画でCMがちょこちょこ入りまくりのテレビなんかよりはるかにいい。試合内容も大接戦でプレーオフまであって十分に楽しめた。今後この形での中継が主流になればいいのにと思う。

 昨日、今日とゴルフ中継を見ていたから時間は大分と潰すことが出来たが、それでも外出しなければ連休の間時間を持て余すことになってしまう。あぁ私の場合いま仕事してないから別に連休でなくても時間を持て余しているんだった。そんなんで何かすることはないものかと考えた結果、売買対象としている監視銘柄の数を増やした方が売買チャンスが広がっていいだろうということで、スクリーニングしてある程度の数を追加した。しかし個別銘柄を追加したところで全体相場がこの先調整したときには、ほとんどの銘柄が同じ動きになってしまうだろう。そこで株とは異なる動きをする投資対象もトレード対象として監視銘柄に入れておいた方がいいということで、商品ETFを加えることにしてみたのである。昨年来から株も相当な上昇を見せているが商品、特に大豆やコーンの穀物関係はすさまじい上昇である。これらのチャートを見たらこんなに高くなってしまっているものを今から買うなんてことはできませんと思う人が多いだろうと思う。でも私はいろんな側面から考えればまだまだ上昇する可能性が高いと考えているので、今後のトレード対象銘柄に組み込んだ。株より下値不安はずっと少ないと考えているので、いつ調整が来てもおかしくない株をここから買うより、同じ買うなら商品の方がいいだろうと思うんである。商品(ETF)であっても買うタイミングは株と一緒で押し目買いであることは言うまでもない。留意点としては安いとはいえETFであるから信託報酬という名のコストがかかるという点と、ドル建てであるから為替の影響を受けるという点であるが、どちらも総合的に考えたらそんなに大したリスクにはならないと考えている。ということで今後は商品ETFも売買対象にしていきます。

 
スイングトレードランキング
                     

コメント

非公開コメント

トラックバック