乱れる日本語

 ユーチューブファンである私は動画の下に書かれているコメント欄もよく見るというかよく読むようにしているのだが、その文章が日本語として成立していないコメントが最近やたら目に付くのである。助詞の使い方が間違っていたり抜けていたり、主語、述語が不明確なものなどいろいろなことで不備が目立つ。たかだか2~3行、文字数にして50字前後のコメントでこの有様である。たかがコメントであるから別に文の素晴らしさとか上手さを求めているわけではないが、せめて意味がちゃんと伝わるような文にはしてほしいと読み手側は思うのだ。ある程度長い文章になると見返すのも面倒なので誤ったままになってしまうのは分かるのだが、50字程度なら見直してから投稿しろよと思うね。ちゃんと学校で国語の授業は受けて来たのか?と思うような文があっちにもこっちにも転がっている。以前記事で主要教科の中で最も大事なのは(現代)国語だと私は思うと書いたが、これは多くの人に共感していただけるだろうし、これ以外普通考えられないよね。東大法学部を首席で卒業した山口真由氏も全く同じことを言っている。世の中生きていく中で難しい数学が必要になることはないが、国語に関しては読解力の差やコミュニケーション能力の差となって自分の身にもろに影響を及ぼすのである。国語は大事だといったがテレビのクイズ番組で出題されるような難読漢字なんか勉強する必要はさらさらない。あんなもの知ってなくても十分生きていける。漢検1級や準1級の勉強するくらいならその時間読書した方がよっぽど有効である。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック