下げトレンド入りとなるか?

 今日も日経は600円ほど下げたがこの下げは想定通りで驚くに値しない下げである。今日の下げではまだ下降トレンドに入ったとは言えず、日経もTOPIXも3月5日の安値を終値で明確に割り込まないことには下げトレンド入りと判断できないが、その可能性はある程度高まったとは言えるだろう。まぁ私は現時点ではこのように判断しているのだが、昨日、今日の下げでこれはもう下げトレンド入りは間違いないと思っている人は多いかもしれない。そう思う人は今のうちにここで手仕舞いしておかないとと考えて、明日の寄付で決済してしまう人もいるだろう。単発売買ならそう考えるのも無理はないが、分割売買をする人であればそういう考えになる人は少ないはずだ。したとしても決済(手仕舞い)ではなくつなぎ売りになるだろう。仮に分割売買でオールキャッシュポジションの人がいるとすれば明日の寄付は絶好の買い場になるように思う。まぁ別にオールキャッシュでなくても資金に十分な余裕がある人なら明日の寄付で買い付けたらいいと思う。私は先週の木、金と買ったことで資金の半分以上になってしまったので明日と明後日の買いはしないけどね。しかし買いポジションを持ってて昨日、今日で1200円ほど下げても特段の不安感を抱かないのは現物なのが大きいね。これが信用だったら証拠金維持率が気になって仕方ない。それほど大きなポジションではないから大丈夫だろうと下げ始めの頃は思っていても、含み損が日に日に増えていくと維持率が急激に下がって来るからね。最悪はマージンコールの憂き目になって資金的、精神的なダメージを引きづることになる。現物であればそんな心配は一切しなくて済むし、資金管理も単純だし言うことないね。そういえば林の輝爺が言ってたのを思い出したよ、買いは現物に限るってね。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック