今週の戦略

 金曜日の東京市場が引けた時点では調整が継続する目は五分五分だとしていたが、その夜のNY市場の動きで調整完了と見るのが妥当であると今現在は認識している。もちろん絶対ではないのだが、絶対がないのはこの世界では常識であるから、若干の警戒は残しつつも再上昇に向けた戦略をとる必要があると思っている。そうは言ってもここからドンドンと上げ続けることは想定しずらく、高値を更新したとしてもほどなくすれば再び調整局面になると思っておいた方がいいだろう。
 そこで今週の具体的な戦略をどうするかだが、私としては戻りを追っかけるつもりはなく、狙ってる銘柄が運良く押せば拾っておきたいと思っている。あくまで押し目買いに徹することに変わりはない。今回の調整局面では不本意ながら含み益を削られて手仕舞いすることになったが、それでも利食いで手仕舞えたのは押し目で買い付けていたからに他ならない。7銘柄保有していたうちの1銘柄(シチズン)だけは押し目で買い付けずに上値をブレイクしたところで買い付けるという規格外のことをしたのだが、その銘柄だけが今現在含み損となっている。スケベ心から自分の手法と違うことをやったらこうなるよといういい見本である。確かにブレイクアウトは嵌ればこれほど気持ちのいいものはないが、その裏には同等のリスクがあるということです。まぁブレイクが失敗したとしても最終的には勝てるという判断の基に仕掛けているのでそんなに不安はないんだけど、それでもある程度の期間含み損に耐えないといけないのはストレスになります。よって今後は押し目買い以外は絶対にしないと自分に言い聞かせるのだが、やはり絶対はないんだよね、またどこかでやらかすんだよ。でもそれがたま~にならまぁいいんだよ、たま~にならね。それ以外の売買で利益を上げることができていればたま~に失敗したところで大勢に影響はないんだから。でも10回に1回はたま~にとは言わないよ、それはちょくちょくと言うんだけど私はちょくちょくやらかしそうな気がしている。10回に1回くらいなら別にいいじゃん、という感覚ね、言い方を変えると「先っちょだけやから挿れてええやろ」というのと同じ感覚ね。所詮人間は機械じゃないんだから100%決めたことを実行できるなんて思っていない、もしそんな人間がいたらある意味尊敬するかもしれないけど、その人間と人付き合いをしようとは思わないね。ちょっと話が逸れたので元に戻そう。まぁとにかく今週に関しては再上昇を想定するも仕掛けるのはあくまで押し目を形成したものだけに絞り、そうでなければ見送ることになります。結果押し目を拾えず相場が上げて行くなら今現在保有している銘柄で利を伸ばしていくしかない。以上が今週の戦略ということになります。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック