今週の戦略

 全体相場に関しては金曜日の記事で書いたのですが、ここでもう一度見ておくと、最悪日経で29000円処までの押しを覚悟しておけばよく、通常の押しなら29500円で止まると思われ、軽ければ30000円ということになるだろうが、金曜日の30000円ではちと足りない気がするのでもう一押しはあるかなと・・・。売買対象はあくまで個別株なので全体相場に関してはこれくらいの大まかなイメージで十分である。とにかく自分が手掛ける銘柄のチャートを精査しておくことが最重要である。私個人の今週の戦略は、オンワードとフジクラのそれぞれ4本目の陰線新値を狙って買い増しをする予定にしているのと、新規で河西工業の陰線新値3本目を狙った買い付けをする予定である。注文は一応指値で出すが、約定せずに陰線新値を付けた場合は翌営業日に寄り成りでの注文に変えることも検討する。以上の戦略で月曜日と水曜日は臨み、そこまでの値動きを見て木、金どうするか改めて考えるつもりである。このまま月、水と上げてしまうようなら今週は何もせずに週を終えることになるだろうが、それで全然かまわないのである。むしろその方が含み益が増えて来週利確できる可能性が高まるからね。考え方は人それぞれだろうが、分割売買によるうねり取りをする場合、多くは固定銘柄、つまり一銘柄を決めてその銘柄の値動きだけを追って利益を上げるというやり方をするのが普通であり、そうなると押したときに買い増しができないとポジション量が不足して利益の絶対額が不足することになる。それを嫌った売買をするとなると買い増しポイントが甘くなったり、順張り気味の追っかけ売買になって利益率は低いものになってしまうのが普通である。固定銘柄でやっていても確固たる信念をもってやっている人ならそのようなことにはならないだろうが、普通の人は欲と本能で上に述べたような売買になってしまうんじゃないかと、過去の自分の経験からそう思うのである。私はそれを回避するため固定銘柄による売買はやめて、多銘柄売買に変えたという経緯がある。多銘柄売買にすると買い増しのチャンスを逃しても別の銘柄で売買チャンスが次々とやって来るから、それらに賭ければいいので特定の銘柄に固執する必要がない。同じポジション量を特定銘柄に賭けるか複数銘柄に賭けるかの違いであり、量的に同じならぎりぎりのポイントまで引き付けて売買できる多銘柄の方が得策と考える次第である。まぁ私は上記のように考えるからそうしているが、そうでない考え方の方も当然おられるのだから自分の考え方でやられるのが納得できて一番いいと思う。売買の手法ややり方は千差万別で、相場をやる人の数だけ存在するというより、存在しなければおかしいと私なんかは考えるから、投資スクールで学んだり、特定の勝ち組投資家の手法、やり方をそのまま真似するというのはどうなの?と思ってしまう。最終的には自分に合ったやり方を自分で見つけるしかないわけで、人のやり方をそのまま真似しても最善のものにはならないのは明白である。だったら高い金を払って教えてもらわなくても、今の時代ネットで基本的なことはただで学べるから基本的なことだけ習得して、後は自分の頭で脳がちぎれるほど考えたらいんじゃね? まぁ確かに最初は教えてもらった方がある程度の時間短縮にはなるね、でも教えてもらう最大のリスクはそのやり方、手法が自分に本当に適しているかどうかが分からないという点である。一応自分に適しているだろうという判断で学び始めるのだろうが、やってるうちに「やっぱ違うみたい」とか、「自分にはもっといいやり方があるような」という思いがふつふつと湧いてくるのではないだろうか。教えている方は確かにそのやり方で稼いでいて嘘を教えているわけじゃないんだけど、あくまでそのやり方、手法はその人にとってベストのものであって、万人に合うやり方、手法でないことは明白だからね。で、その後いろんなところを渡り歩いて要らん金を使うことになったりする。結局は自分の頭で考えた世界で一つしかない自分の手法なりやり方を作り上げるしかないということになるんじゃないでしょうか。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック