今週の戦略

 今週も基本的には先週同様様子見でいいと思っている。まぁ様子見でいいということは、今週もそんなに大きな動きはないであろうという予想に基づいていることになるんだけど、そんな予想は全く持って根拠のないものであるから、予想に反して相場が動けばそれに応じた動きをするだけのことであり、本来は今週の戦略なんて立てたり考えたりする必要はないのである。つまりこうなったら買って、こうなったら売るという自分の決めたやり方に従えばいいだけの話であり、よほど相場が大きく動かない限りは毎週毎週改めて戦略なんか立てる必要はないということである。そう思いながら一応毎週日曜日にはこのタイトルで記事を書いているのは、今日はなにを書こうかと考えなくて済むからである。
 ということで言えば私にとって今週は中山製鋼の値動きを注視して、動向に応じた売買をすればいいということになる。先週SBI証券における立会外トレードが発表されてから株価は急落している。金曜日の終値は362円となり、明日25日の立会外トレードにおける売買価格が351円に決定した。このことから明日の寄り付きの市場価格がいくらぐらいで寄り付き、その後の値動きがどうなるかは分からないが、注視すべき局面であることだけは確かである。単純に株価水準だけで判断するなら買い増ししてもいい水準に来ていると思っているが、明日の値動き次第では更なる下値も考えられるので明日1日はどんな動きになろうとも静観することに決めている。そして明日の場が引けた後にどうするべきか考えるつもりである。立会外トレードが実施されるという点と上場来安値圏にあるという点で通常のやり方とは異なる判断が必要になって来ると思っている。中山製鋼以外の2銘柄については通常通りの判断で問題ないので特に考えることはないだろう。
 全体相場に関しては今週上がるか、下がるか、横ばいか分からないし、個別株をトレードするのであれば分かる必要もない。自分の手掛ける銘柄の値動き、チャートだけを見ていればいいことである。全体相場の動きに関して分からないと言ったが、ごくごく普通に考えるなら横ばい、保ち合いの可能性が高いのではないかと思う。まぁとにかく移動平均線のオーダーが変わらない限り今のトレンドが続くと考えざるを得ないのである。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック