雑感

 コロナで一番被害を被っている業界は何といっても空運と宿泊施設(ホテル、旅館)だろうと思う。もちろん鉄道もかなりの打撃ではあるが空運に比べればまだマシな方である。企業の存続にかかわるほどの状況になって取られる手段としてはリストラと合併である。リストラの方は自社だけの事情でどうにでもできるところがあるが、合併となると相手企業のこともあってなかなか簡単には行かない。とは言っても企業の存続が危ぶまれればそんなことも言っておられず、何とかして相手企業と条件の折り合いを付けて合併に持ち込みたいと考えるだろう。コロナの収束が現時点では見通せない中にあって、我が国の空運大手2社の先行きが懸念されるところである。日本航空(JAL)の方は会社更生法を申請して再生する際に条件的に優遇されたこともあって、全日空(ANA)に比べれば多少マシなような気もするがそんなに大差はないと推測している。コロナの収束がまだ当分先のことだとしてもこの2社がコロナ収束までに破綻するというような事態に陥るとは思えないが、それでもコロナが収束したとしてもその後の経営は厳しいものになることは想像に難くない。であれば将来的にこの2社が合併するということもあり得ない話ではないのではないか?とも思うが、この2社の合併となると独占禁止法に抵触する可能性が出てくるからことはそう簡単には行かないだろう。独禁法以外にも社風(カラー)の違いもあって合併の可能性は低いと予想する。合併となると上記した点の問題もあるが、私が最も問題だと思うのは合併後の社名である。ANA(アナ)とJAL(ジャル)が合併するんだから合併後はANAL(ア〇ル)となってしまうがこれでいいのか? と思うんだよね。あぁ、最後はまた下ネタかい!!


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック