なーんだ

 例のおっちゃんの話。朝職場に着いて、まずおっちゃんが出勤してるかどうか確認したら今日も休んでいる。先週の金曜日から休んでいるので1週間を超えることになる。さすがに気になって隣の係の管理職に聞いてみた、「○○さんずっと休んでるみたいですけど、体調悪いんですか?」と。そしたら、「いやいや、お父さんが亡くなられたんで休んでいるんですよ。」という返答であった。そうだったんだ、風邪ひいたんじゃなかったんだ。私はてっきりあの極寒の中を超薄着で帰って行ったので風邪を引いたもんだとばかり思っていたが違ってたんだね。なんでも亡くなられたお父さんは97歳だったとのこと、もうちょっとで100歳じゃん、すげぇな。どうやらおっちゃんの家系は長寿家系のようだ。それでおっちゃんも超薄着でも寒くないし風邪もひかない、つまり頑丈なんだね。おっちゃんがトイレに行っても手を洗わないのは、常在菌まで洗い落とすことで免疫力の低下を招くのを防ぐのが目的なんじゃなかろうか?とわたしゃ思うね。そんなしょっちゅうしょっちゅうアルコール消毒なんかしてたら抗菌力が低下してしまうよね、いやほんまに。私はトイレに行ったら手は必ず洗うが、それはばい菌を洗い落とすためではなく、単に汚いものを触ったからという気持ちの問題で洗うだけです。子供の時は洗ってなかったよ、大人になってからです、洗うようになったのは。母親からは子供の時に「洗いなさい!」と言われていたけど言うことは聞かなかったね。だって子供の時は汚いものとは思っていなかったからね。あ~話がいつの間にかまた下ネタに向かっているね、エロくはないけど・・・。ちょっとここで軌道修正しよう。手なんてよほど汚いものさえ触らなければ洗う必要はないと思ってるよ。というのもポテチなんかのスナック菓子を食べるのに一々手を洗ってから食べてますか?まぁ中には洗ってから食べる人もいるだろうけど多くの人はそのままつまむよね、違うのかな。でもそれで病気になることはないよね、手を洗わないでポテチを食べたからおなかが痛くなりました、病気になりましたっていう人いますか? いないんじゃない? さらに床に落ちたのを食べても別に何ともならないよね? 要はすべて気持ちの問題ということでいんじゃね? ちょっと暴論過ぎましたかね。 まぁ好きにしたらいいと思うけど、わたしゃへんこなんで手を洗うのはトイレに行った後と外から帰宅したときだけで、それ以外で洗うことはありません。そんな手ばっかり洗って溶けてなくなってもわしゃ知らんで。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック