クリーニング屋の福袋

 今週は2日記事のアップをさぼったので本日は2回目の投稿をしておきます。さて表題のクリーニング屋の福袋と聞いて皆さんはどのようなものを思い浮かべますでしょうか? クリーニング済みの古くなった衣類を数着まとめて格安値段で販売している詰め合わせ袋? いやいや、そんなもんなんぼ安うても誰が買う買いな、タダでも要らんわ。実はこれは私がいつも利用しているクリーニング屋が1月の戦略として売り出したもので、この福袋を買ってそれに入れてクリーニングに出せばクリーニング代が半額になるというものである。そしてこれが1回だけでなく、袋が使える限り何回でも使えるというのである。まぁ1月という月は季節の変わり目でもなく、年末年始で仕事は休みということもあって通常月よりクリーニングに出す量が落ち込むことは想像に難くない。それで何とかしようとこの戦略に出たものと思われる。確かに利用する側からしたら半額というのは大変魅力的であり、できるものはこの福袋に入れてクリーニングに出したいと思うと思う。単価の高いものほどその恩恵にあずかれるわけだから同じ出すならこの福袋を利用しない手はない。とここまで書いてきて皆さんが知りたいのはその福袋とやらはなんぼやねん?ということだと思います。さていくらでしょう?この価格設定がこの戦略の肝になると思われ、高けりゃ利用しようと思う人はそんなにいないだろうし、安けりゃクリーニング屋は赤字になってしまう可能性が出てくると思うのだが・・・。皆さんはいくらだったらこの福袋を買いますか? まぁ普段クリーニング屋をあまり利用しない人は興味がわかないでしょうが、私みたいに仕事で毎日着るワイシャツを出す人だったら月に延べ20枚ほど出すことになるから計算してみるわな。ちなみに私はこの福袋を勧められたとき即決で買いました、決断するのに3.5秒ほどかかりましたが。ということは安いということは容易に想像がつくと思います、なんせドケチな私が即決したぐらいですからね。実はこの福袋たったの50円だったんです。いつもはワイシャツ1枚200円ですから1枚半額の100円になるだけで得するんですよ、買わない手はないでしょ、20枚なら4000円のところが2000円です。ワイシャツだけで1950円の得になるんですからそれ以外のものを出せばさらにお得になるという・・・。ドケチな私は決断するのに3.5秒もかかってしまいましたが、普通なら2.5秒ってとこですかね。いやぁーしかしこれでクリーニング屋は大丈夫なのかね?赤字になることは間違いないわけだけど。もしこれで赤字にならないなら普段どんだけぼったくってんねんちゅうはなしになるわな。まぁ消費者側がそんな心配せんでもええか、向こうがやりますいうてんねんから。というわけで来月は太っ腹のクリーニング屋のおかげで私のクリーニング代が半分になってうれしいですという自己満足のお話でした。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック