順張りと逆張り

 今日のテーマについては過去に記事にしたことがあるが、その後思ったことも含めて自分の頭の中を整理する意味でも改めて書いてみたい。 これは順張りと逆張りどっちの方がいいとか儲かるとかの話にはならない。 それぞれ売買方法で決まってくるものだと私は考えている。 簡単に言えば分割売買をするなら逆張りになるし、単発売買をするなら順張りになる、ただこれだけのことであると思っている。 私は現在は分割売買をしているから逆張りであるが、単発売買をするなら順張りにならざるを得ない。 株は安いところで買って高くなったところで売るという方法以外に儲けることはできないことは周知の事実というか真理であるから、いかに安く買うかというところに腐心することになる。 しかし底がいくらになるかなんて予め誰にも分らないから、それをなんとかして底に近いとこらへんで買おうとすると分割で買い下がるという方法に行き当たる。 買い下がり続ければいつかは底近辺で買える時が来るのは間違いないからである。 一方単発での売買を行うなら、底が判明してから仕掛けるしか方法はない。 となれば売買は当然順張りにならざるを得ないのは説明するまでもない。 逆張り順張りの違いなんてこれだけのことでしかない。 もし今ひとつピンとこないのであれば、順張りで分割売買をし、逆張りで単発売買をしたらどうなるかを考えてみたら簡単に納得できるはずである。 順張りで分割売買をすれば買いの平均値はどんどん上がることになり、儲けることは難しくなってしまう。 逆張りで単発売買をすれば下げの途中で買い付けることになり、どこまで下がるか分からないからこれも儲けることは難しくなってしまう。 儲けることが難しくなるというより、まず大きな含み損に耐えることができなくなって損切りしてしまう羽目になる。 つまりほぼほぼでも底を当てることができないことには通用しない売買法となる。 そんなことはだれにもまずできないのだからこの売買法は相場の世界ではあり得ないということになるのだが、やってる人は少なからずいるもんである。 一方の分割売買を順張りで行うというやり方だが、これは説明しようとするとちょっとめんどくさいので、説明しなくてもご理解いただければと思っている。 これは逆張りの単発売買に比べたら儲けることはできなくはないやり方だとは思うが、それにしても効率が悪いし損になる可能性もそこそこあるのでやるべき売買ではないことは確かであると思う。 もう少し正確に言えば1度だけの買い増し、つまり2分割での売買ならばそれなりにパフォーマンスは出るだろうと思うが、それ以上つまり3分割以上はあり得ないと思っている。 これも過去に1度記事で書いたことがあるが、正にこの買い上がりの分割売買、それも4分割とか5分割以上をやって利益が出る出ると言っていたユーチューブ動画があって、言うほどの利益は出ていないどころか損になっている売買もそこそこあったのを指摘したことがある。 最近はその動画を見ないから今どうなっているのか知らないが、私にはどうでもいいこと、知ったこっちゃないことである。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック