烏賊の味がする烏賊

 相場は相変わらず私の思惑通りに動き出さないこともあり面白くないし、暑さはまだまだ続いているし、周りはマスクした人間ばかりで鬱陶しいしで、私にとって気分の晴れない毎日が続いている。 こんな時はどうしたらいいのかを考えた結果出た結論は、きれいなおねえさんと食事に行くしかないということになった。 ということで早速おねえさんに連絡を取ったら来月の第二金曜日が空いてるということなのでその日に行くことにした。 以前飲みに行った際に私が関西で食べる烏賊は烏賊の味がしない、私が育った北九州で食べた烏賊は烏賊の味がしたがそれは多分新鮮な烏賊を食べていたからだろうという話になり、今度一度新鮮な烏賊を食べてみようという話になったことがあった。 新鮮な烏賊と言っても出てきた刺身の烏賊が新鮮かどうか見分けることはできない、ならば泳ぎ烏賊であれば間違いないということで来月は泳ぎ烏賊が食べられる店に行くことにした。 北九州ならどこで食べても烏賊の味がするかと言えば決してそんなことはなく、スーパーで売ってる烏賊なら関西のものと変わらない。 鮮魚店で売ってるそれなりのものでないと駄目である。 うちの母親がとにかく刺身を食べるのが好きで、新鮮なそれなりのものを買ってきていたこともあって、私もその味に慣れ親しんでいた。 今から思えば贅沢だったと思うのは、昼ご飯のおかずに生うに1ケースを買ってきてたまに食べていた思い出がある。 そんな感じだったから烏賊の刺身くらいだったら結構な頻度で食べていたように思うが、その味が今は味わえないでいるのである。 スーパーで売ってる烏賊なんてなんも味せえへんもんな、食べても醤油とワサビの味しかせえへん。 というわけで泳ぎ烏賊を食べに行くことになっているのだが、泳ぎ烏賊を食べても烏賊の味がせえへんかったらどないしよ、それは鮮度の問題ではなく烏賊そのものの問題ということになるのか? いや、まぁ魚介類なんて98%鮮度で決まりやろ。 特に刺身なんて味付けもへったくれもないんやから、残りの2%は醤油とワサビの違いになるんやで。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック