尽きることのないコロナネタ

 今日の相場は完全スルーでOKなので別ネタで。 と言ってもまたまたコロナネタになってしまいますが、仕方ないですね今の状況では。 まぁコロナに関する意見、見方は行きつくところ経済か?命か?ということになるんですよね。 でそこを議論するのにはどうしても統計に基づいた考え方が必要になってくるわけなんですが、そこに感情的な思考を入れてしまうと、もう議論が成り立たなくなってしまうんですね。 カンニング竹山のテレビ発言に対しては賛否両論があって、否定派の中に「(30歳以下で死んだのは一人だけという発言を受けて)その一人が自分の子供だったら同じことが言えますか?」という意見があるようだ。 カンニング竹山はどう答えるか分からないが、仮に私が自分で発言したことに対してそういうふうに聞かれたとしたら、「言える」と答えるね。 居酒屋で酔っ払ってテキトーなこと言ってるときは別にして、素面の時にする発言に関してはそんな感情的な事由で覆したりすることはない。 その辺のところは発言する前に自分で確認するようにしているからである。 やっぱ議論するときは論理的思考になってもらわないと議論はかみ合わない、感情論を振りかざしてばかりではどこまで行っても平行線で結論が出ることはないだろう。 でもこの手の論客結構多いんだよね。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック