方針転換

 昨日書いた今週の戦略は、個別株を買いで参戦して見るとしていたが、方針を撤回することにする。 いくら小さなポジションでも現在の相場環境で買い建てるということに、自分の中でぬぐい切れない抵抗があるようだ。 自分のことでありながら、あるようだと他人事みたいな書き方になっているのは、理屈ではなく感覚的なものだからである。 そらぁ根底では先行き下げると思っているのだから、それとは逆のポジションを持つことにアレルギー反応が出るのも無理はないだろう。 ということで今週の戦略は変更して買いはなしということにします。 その代わりということでもないのですが、個別の売りを検討していますので、新規銘柄を売り建てるかもしれません。 なぜ私がここまで売りにこだわるのかと言えば、買いはないと思っているからに他ならないのですが、その理由はファンダメンタルズに帰結します。 過去今まで私は事あるごとにトレードに際してファンダメンタルズは考えず、チャート・オンリーで売買していると言ってきました。 通常時であればそれで十分だと今でも思っています。 ですが世の中が大きく変わるとき、またその可能性が高いときは、ファンダメンタルズ・オンリーで考えるべきであると思っています。 相場が一時的にファンダメンタルズとは逆の動きになっても、最終的にはファンダメンタルズに帰結するというのが私のバックボーンにあります。 だから今更買いで参戦する気にはどうしてもなれないのです。 まぁ私はこう考えているのですが、現実の相場がどういう動きになるかは分かりません。 なので今回の相場がコロナ前の水準にまで完全に戻るのであれば、私は今後一切相場はやりませんと前から申し上げております。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック