無題

 相場は今日も続落して引けたが、まだ20日線は割り込んでいないからピーク云々については言及しない。 だが米国ではダウとS&P500は20日線を割り込んでしまっていることから、日本もやがて同じ道を辿ると考えるのが自然である。 もちろん20日線を割り込んだからピークを打ったというのは短絡的すぎることは分かっているが、その時移動平均線以外の要素でもピーク打ちを示すものが複数見られることになるだろう。 まぁ客観的に相場を見るならそういった見方をしていかなければならないと思うが、個人的には今の時点でピークを打ったとほぼほぼ言えるのではないかと思っている。 これはもう個人の感覚的なもの以外の何物でもないので、一々理由なんて言ってられない。 そもそもコロナバブルだか何だか知らないが、コロナ前の水準まで相場が戻るというのがどう考えてもおかしいのである。 いや、株価は業績通りには動かないので・・・、というお決まりの屁理屈があるが、そんな理屈が半年も続くわけがないのである。 そらぁ企業業績や景気がその先どうなるかよくわからない、つまり悪くなるかもしれないし、よくなるかもしれないというのであれば以前の水準を挟んで上に行くこともあるだろう。 だが今回の場合ははっきりとわかっているのである、以前の水準まで回復することはないというのが。 それが分かっていながら何で以前の水準まで相場が戻るのか、おかしいだろ。 間違って一時的に戻ったとしてもそんな状態が続くわけはなく、早晩沈んでいくのが落ちである。 いやぁーでも無制限の金融緩和やし・・・、株価は需給で決まるから・・・、だったらずっと買ってたらいい、日経平均が3万円になるまで。 果たしてその時PERは何十倍になっているだろうか?


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック