今週の戦略

 この数日はコロナに関する記事ばかりで、相場に関して書くのは久しぶりになる。 現在の相場の状況はと言えば、3月下旬の安値から切り返し、途中弱含む局面もあったが戻している最中である。 戻りに入った時点で私はこの戻りのめどは半値戻しとなる日経平均20200円処に置いてきた。 なのであと700円ほどは上げる余地があると思って相場を見ている。 で、今回の相場を見ていて思ったことは、世間ではコロナで下げたということになっているが、実際のところはコロナはあくまできっかけ、口実に過ぎず、コロナがなくても相場は下げていただろうということである。 このことを指摘していた人はごく少数ではあるが当初からいた。 私は残念ながら当初はコロナだと思っていた口であるが・・・。 しかし今はそうじゃないだろうという見方になっている。 そう思う理由は、今回の戻りは3月の下旬から始まっているが、その当時なんてコロナの感染者数が指数関数的に拡大している最中であり、ピークの兆しなんて全くうかがえない状況であった。 今現在でようやく感染者数の増大が緩やかになってきそうかなくらいの感じである。 日本はまだまだこれからという感じだけどね。 にもかかわらず相場は戻しているのである。 これらのことから相場は上がれば下がり、下げれば上げるという大原則に則って動いているだけで、ニュースやファンダは短中期では基本的に関係ないというものである。 このことは私が以前から言ってきたことであるが、今回改めて再認識したものである。
 ということでテクニカルで見てここからどう対処していくかということになるのだが、基本は20200円という数字を基準に考えていくことになる。 つまり20200円までは戻るという前提で玉操作をどうするかということになってくる。 今8-2のポジションだが、ここから20200円までの上げを買い玉を建てて取りに行くことを考えている。 買い玉を建てると言っても1ポジかせいぜい2ポジまでだが。 そして20200円処では買い玉の一部を決済して、その後の値動きを見てから次の行動を考えたい。 仮に20200円を超えてさらに上げるようなら買い増しも考えると同時に売り建ても考えたいが、どうするかはその時の自分の感覚次第になってくるだろうから今の段階ではこうするとは言えない。 基本的には20200円を超えたとしても上値はそうないはずだから、売りを主体にしたポジションを検討する。 いくらファンダを考えないと言ってもこれから先の経済状況を考えれば21000円を超えて上げていく展開は考えずらい。 まぁ20200円は半値戻しの水準だし、過去のサポレジでもあるしで、ここを大きく超えることは個人的にはあまり考えていない。 以上が今週の戦略になりますが、今はあまり相場でうまいこと儲けてやろうという気はないのである意味テキトーにやります。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック