かなり重症

 今の相場は新型コロナの感染拡大を嫌気して下げているわけであるから、感染拡大の収束目途が見えてこない限り上昇に転じることはないということが言えるのだが、それにしても下げの途中であや戻しさえ無く、ここまで一本調子で下げ続けるのは相当重症ということになるだろう。 昨日こそ陽線だったが今日はまた陰線で引けたところを見る限り、明日も下げるのだろうと思う。 予想通り明日下げるなら16000円処まで下げてくる可能性がある。 今週の戦略として16000円を割り込んだところは積極的に買っていきたいとしていたが、変更して買いは見送ることにする。 16000円で下げ止まらなければ次の目途としては2016年にチャイナショックとブレグジットでダブル底を付けた14800円台ということに一応はなるが、なんせ今のこの相場は感染拡大の状況によるところが大きいので、感染拡大が止まりそうもなければそんな目途も当てにはできない。 感染拡大の状況もそうだがそもそも下げ始めてからまだ1か月も経たないのだからそりゃ止まらんだろうという話である。 感染拡大状況と日柄を考えただけでもこんな感じなんだから、これにもし他の悪材料が出てきたら相場はどうなるんだろうと思うね。 ひょっとしたら相場自体が新型肺炎に罹ってるんじゃないのか、そしてその症状は重篤で、人工呼吸器を装着せねばならない状況に来ているような気がする。 下げ続ける相場はない、いつかは反転するというのは事実であるが、その下げ続ける相場というのはどのくらいの値幅と日柄のことを指してそういうのだろうか? 値幅だけでいえば今すでに高値から8000円近く下げているのだが、これを果たしてもう十分下げ続けたということができるのだろうか? 下げ続けたと確実に言えるのは0円になった時だけなんじゃね? まぁこれは極端な話だが1万円下げたから下げ続けたとは言えないことも確かである。 あ~また超悲観的なことを書いちゃったよ、いや別に今の相場がこうなるなんてことを言ってるんじゃないんだけど、そうなる可能性というかそうなっても不思議ではないんじゃないのということを言ってるんだけどね。 こりゃ総スカンだな。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック