今週の戦略

 東京市場がお休みしている間に、海外は上へ下へと乱高下の動きとなっているように感じるが、チャートを見れば乱高下というほどの値動きではない。 明日の寄り付きは2万3300円前後になるんだろうが、どこまで戻すかは分からないにしても恐らく陽線で引けるんだろうと思っている。 その後の動きに関しては分からないが、現在が上昇トレンドにあることを考えれば下よりは上の可能性の方が高いだろう。 大局的にはこんな相場展開を想定しているのだが、具体的に今のスクエアのポジションからどう動かすのかを考えてみたい。 安全策をとるなら年末に考えていた戦略通り、今週の前半は様子見とするのがリスクがなくていいのだが、全体相場が先に述べた展開になるのなら、明日の安いところは売り玉を一部手仕舞いしておくのが正解になるだろう。 そうするとなると指値をいくらにするかという悩ましい問題になるが、約定しなかったとしてもスクエアに変わりはなく、リスクはないので気楽に考えておけばよい。 既存の東海東京と日本金属のポジションの動かし方に悩むのは、この二つの銘柄はどちらも今はトレンドが明確でないもみあいの状況にあるからである。 そういう意味では銘柄選択の失敗ということになるかもしれない。 トレンドがはっきりと出ている銘柄だったら、ポジション操作は簡単とは言わないが比較的やりやすいと思うので、次に手掛ける銘柄を選定するときには気を付けたい。 次に新規で扱う銘柄から、この休みの間に学んだトレード方法を加味したやり方でやってみようと思っている。 そのためには今の二つの銘柄のうち最低どちらか一つは手仕舞いしてしまう必要がある。 3銘柄も4銘柄も並行してポジション操作ができるほど私は器用ではないのでね。 最大2銘柄までが自分のキャパだと思っている。 では今年も肩の力を抜いて頑張って行きましょうね。 頑張るか頑張らないかではなく、頑張るかさらに頑張るかの2択でしかない。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック