謹賀新年

 明けましておめでとうございます。 今年も当ブログは上から目線の独断と偏見に満ち満ちた記事を書いて参りますので、それでもいいという方はお付き合いくださいませ。 実は昨日今年1発目の記事を書いたのですが、最後記事を登録する段でうまくいかず記事がすべて消えてしまったので本日の更新となりました。 たまにこのFC2ブログは記事が消えてしまうんだよね。 ということで本日改めて書きますが、昨日一旦書いた記事と同じことを書く気はないので、今日は今日の気分で書き進んで参りたいと思います。 まぁ今は東京市場がお休みで、相場に関することは書きようがないので、相場以外のことで思いつくまま書いていきます。
 で何について書こうかと考えたが、やっぱ今旬の話題はゴーンのおっさんの逃亡劇だろうと思うのでこれにします。 逃亡した理由を当の本人はじめ、外国メディアなんかも日本の司法行政の理不尽さを指摘しているのだが、これってどうよ。 私には言いがかりにしか聞こえないのだが。 罪を犯した可能性が高い行為をしておきながら、その国の司法制度が納得できないから裁判を受けたくないので国外逃亡しますっていうことでしょ。 そんなわがままが通用するんだったらやりたい放題にならないか? まぁ今回は逃亡を許してしまった日本も責任があるのだが、だからと言って今回の逃亡が許されるということにはならないだろ。 もうことが起こってしまったからには保釈取り消しをして保釈保証金は没取するしかないが、それで済むという問題ではないからそのあとの対応が大変だな。 まぁ今回の事件ではっきりしたことは、ゴーンのおっさんがキンタマの小さい男だったということだな。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック