FC2ブログ

Entries

雑感

 昨夜は前の部署にいた同僚と飲みに行って、しこたま八海山を飲んで帰ったので更新はお休みさせてもらいました。 同僚と言っても向こうは正規職でこっちは非正規という違いはあるが、ほぼ同年代ということもあって話は合いやすい。 今の日本は非正規職の割合が多くなって全体では40%ほどがそうらしいが、私の職場では非正規職の割合は非常に低くて数パーセントもいない。 そしてその数パーセントもいない非正規職のほとんどが女性で男性は私くらいのもんである。 なので同性の非正規同士で飲みに行くなんてことはできない。 だから飲みに行くとすれば必然的に正規職の人になる。 幸いにも非正規職を邪険にするような職場では決してないので、ずっと気持ちよく働かせてもらっているのはありがたいことである。 邪険にするどころか逆に気を使ってもらっているくらいだと思っている。 でもって来週には非正規職でも正規職と同じように2か月(年4か月)分の賞与がもらえるという、非正規職にとっては天国みたいな職場となっている。 所得面で言えば中小企業の中堅正規職程度は十分あると思う。 こんな恵まれた職場であればだれもがずっと働いていたいと考えていると思うが、非正規職ゆえに任期というものがあるのでそれが終われば再度受験しなければならない。 次の採用募集がいつになるのか、そしてその募集で採用されるのかという不安は常に付きまとうことになる。 そんなわけで任期の終わりが近くなると非正規の人たちは戦々恐々としてくる。 採用時期にもよるが競争率の高いときは不安が増幅されることになる。 したがって非正規職の人たちはどうやったらそこを勝ち抜けるのかを考えていると思う、まして私みたいに還暦をとっくに過ぎているポンコツ爺にとっては切実である。 事務職採用で自分より若い女性と張り合って勝つためには、彼女らにないものをアピールしなければならないと思っているのだが、それがなかなか・・・。 まぁ普段の仕事を自分なりに頑張るしか道はないと思っている。 ということで世間では非正規職と言えばボーナスはなく、年収は200万未満というのが通説になっているが、それなりにもらえる非正規も世の中にないことはないと思いますよというお話でした。


スイングトレードランキング
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/2171-4312d51f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR