FC2ブログ

Entries

全体は下へ

 指数のチャートは今日で5日線を完全に下抜け、その5日線の向きがハッキリと下へ転換した。 これはもうそれなりの確率で調整入りとなることが決まったようなものだと思う。 全体は下への方向が明確になったが、東海東京は5日線を割り込んでおらず、その5日線の向きは依然として上向きのままであるから、全体と同じようにここからは下げるとは言えず、もう少し値動きを見てみないことには何とも言えない。 ということで明日もノートレ確定となります。 相場に関しては以上です。

 相場以外ネタとして今日は破局第2弾とまいりましょうか。 前澤・剛力ペアの破局報道の陰に隠れてあるペアの破局報道がされていたのをご存じだろうか? あまりにも前澤・剛力ペアの破壊力が大きかったので霞んでしまった感が否めないのが、勝間・増原ペアの破局である。 なにそれ? だれそれ?と言わないで欲しい。 もっともペアと言っても男女のペアではなく、女女のペアであると言えば思い出した方もいるだろう。 そう、最近はテレビですっかり見かけなくなった勝間和代と夏の参院選で立憲民主党から立候補して落選した増原裕子のレズコンビである。 最近はLGBTが世間的に認められるようになってきたと言われるが、そこはやはり大多数とは違う領域なわけで、建前と本音の違いはしっかりと存在するのである。 それが証拠にLGBTを告白したらめっきりテレビへの露出が減ったという事実が勝間以外にもあるからである。 増原にしても落選という事実を受け止めるにあたってLGBTがどう影響したのかは分析する必要があると思うがどうだろう。 そんなのは落選とは関係ないと言い切れるのだろうか。 今回の破局の原因は増原の心変わりというかぶっちゃけ浮気?本気?が原因とされているが、この手のペアの場合いくら浮気しようが不倫とはならないからいいよね。 週刊誌も見出しに大きく不倫とは書けないので目立たない記事になりかねないというのもあるかもしれないが、世間は男女の間だからこそ興味を示すのであって、この手のペアがどういう行動をとろうが興味を示さない人がほとんどだろうから、この手のネタではどっちにしても週刊誌は売れないのである。 勝間も最近テレビに出られないからユーチューバーになって動画を投稿しているが、内容がそんなの知ってるよ的なものが多いのと、インパクトに欠けるのとで再生回数は伸びないだろうね。 しかし前にも書いたが同性が好きなら好きでいいが、それなら同性に専念してくれ、勝間みたいに「私は同性も異性も両方いける二刀流なのよ」は勘弁してほしい。 そういうのは結果的に人を欺くことになりはしないかね、どうよ?


スイングトレードランキング
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/2150-8a6bd0c5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR