雑感

 平日はなかなか相場以外のネタを書くだけの余裕がないので、今日は思いっきり書いてみようと思うがどこまで書けるか分からない、途中で嫌になってやめるかもしれないがまあ書いてみる。

 今日の朝刊に宝塚市の正規職員採用に関する記事が出ていたのでちょっと口を挿んでみたい。 就職氷河期世代とされる30代半ばから40代半ばの人を対象とした正規職員3人の採用に1800人超の応募があったということだが、これを聞いて皆さんはどう思われるだろうか? 人それぞれの思いがあると思うがここは私のブログなのでもちろん私の思いを書くことにする。 そもそも今回の採用は就職氷河期世代の人は正規雇用の道を閉ざされていたからということなんだが、新卒時に正規雇用の道を閉ざされていたとして、そこから今までずっと非正規だったの? 途中に正規職へ転じる道はなかったの? と思うのである。 仮に新卒時に非正規職しかなかったとしても20代のうちなら転職できる可能性はそれなりにあったんじゃないかと思うのだが違うのかな。 もちろん応募者の中には現在どこかで正規職として働いている人もいるだろうから全部が非正規や無職とは限らないだろうが。 次に思うのが応募者の数である。 1800人の応募て尋常な数字じゃないように思うのだが・・・、一流企業でもこんな数字にはならないんじゃないの?分からんけど。 思うにこの数字は公務員だからというのが多分にあると思う。 公務員は仕事が楽そうやからというのがね。 しかし市役所の仕事なんて私からすると苦情受付処理係というイメージしかなく、そんなとこで働くなんてまっぴらごめんだと思うのだが・・・。 まぁ公務員も部署次第で楽なところもあればしんどいところもあるだろうが、一般的なイメージとは実際は違うことが多いというのを知らないからこういう数字になってくるのだろう。 民間のように営業ノルマや収益目標というような数字に追われなくて済む、事務さえやっとけばいいという考え方をしているのだろう。 その事務だがこれに関しては民間の事務とは幾分レベルが違っていて、ある程度の知的レベルと注意力が備わっていないとできないものが多い。 公務の事務は法律や規則が常に付きまとうからその辺の理解力が求められる。 外から見るほど今の公務員は楽ではないのだが、どうしても昔の公務員のイメージが残っていて公務員=楽と思ってしまうんだろうね。 私の知り合いに1年ほど前まで大阪市役所の非正規職員を長い間やっていた人(女性)がいるのだが、その人が言っていたのはとにかく事務量が半端なく多くて、朝は始業時間より早く来て、昼休みも仕事してたがそれでも終わらなかったらしい。 で、その実態を正規職に訴えても「あなたたち(非正規職)のやり方が悪い、もっと効率的にやればできるはずだ」と言われるだけだったと。 その知り合いの女性は頭もよくてテキパキとできる人なのだが、そのような人でもオーバーワークとなるほどの仕事量だったようだ。 そんな仕事を非正規の安い給料でやらされるのだから堪らない。 私ならそんなとこ早々に遠慮させてもらいますわ。 ということで世間が思っているほど公務員は楽じゃないよというお話でした。
 
 最初のネタが少し長くなったので次は手短にいきます。 いつも行っている散髪屋に今日行ってきたのだが、10月からの消費増税に伴いカットの料金を100円アップさせていただきますという張り紙が貼ってあった。 この散髪屋は理容組合に加盟しておらず、昔からずっと安い料金でやってきた店で、100円上がったところでまだ安いと思っている。 料金は安いが散髪自体は高い店同様に丁寧にやってくれるからコスパは最高だと思っている。 で散髪が終わって代金を払うときに店主が値上げする前の料金、つまり100円安い料金でいいと言う。 えっ、なんでVIP待遇なの? 俺ってお得意さんなの? 確かに15年ほど毎月ずっと通ってるけどいつもカットのみの儲からん客なはずやのになんで? そんな思いを巡らせながらなぜ店主が値上げ前の安い料金を提示したのか分からなかったのだが、とにかくここは正規の料金を払うべきであると考え先月より100円多く払ってきた。 値切るのが当たり前の関西人からしたら、向こうがまけてくれるいうもんをなんてバカなことするねん、ということになろうかと思うが、100円上がってもそれ以上のサービス(理容技術)を提供してくれていると思うから払うことに何の抵抗もないのである。 ここで100円損したと考えるのはちょっと人間がちっさ過ぎないかと思うのよ。 私は学生以来ずっと関西に住んで来て関西が好きなんだが、あの「値切る」という行為だけはどうしても私には合わないのよ。 今日の私なんか言うても正規の料金を払ったに過ぎないわけで当たり前の行為である。 将来は私が若い時に昼のすし屋で見た、「ここの定食は600円以上の価値がある」と言って100円多い700円を置いて行ったおじいさんのように正規の料金以上を支払えるような人間になりたいなと思うのである。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック