今週の戦略

  東海東京の現時点でのポジションは5-4となっており買いでも売りでもないポジション取りであるが、これはチャートが上げでも下げでもない横ばいの保ち合い状態にあるからに他ならない。 この銘柄は2018年の1月から1年半以上にわたって下げトレンドを形成してきたが、現在は下げ止まって底練りに入ったようにチャートからは見受けられる。 この銘柄と同じように長期にわたって下げトレンドを描いてきた銘柄で、現時点ですでに戻り高値を抜いているものが一定数存在するのと、戻り高値はまだ抜いていないが高値付近に張り付いているものも一定数存在している。 東海東京のように戻り高値まで距離があるのは少数の銘柄に限られており、多くの銘柄が先のような高値越えもしくは高値張り付きとなっている。 これら個別株のチャートからは下降トレンドを脱する動きが明らかとなっている状況にあることから、東海東京においてもいずれそのような状況になることが予想される。 以上の環境認識の基、今週の売買をどう行うのか考えるに、売り玉は早目の手仕舞いが良策になると考えていることから、売りポジションの解消に注力した売買を行おうと思っている。 売りポジションを0にするかはともかくとして、買いポジションより少なくすることは絶対命題だと考えている。 買いの増し玉については程よい安値があれば実行するつもりであるが、売り玉の手仕舞いの方が優先されるべきと考えているのでどうなるか分からない。 ということで相場全体は上がりたがっているという個人的な感覚を基に今週の戦略を立ててみました。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック