外れだが

 相場は7月の高値を抜いて年初来高値をうかがうところまで来ている。 7月の高値は抜かないだろうと言っていた私の予想は外れたが25%の確率で外れるよとは言っていた。 まぁ35%と言うとくべきだったかなとは思うが大差はない。 相場における最大確率は78%というのはやはり間違っていない、ここは絶対こうなる、こう動くと思っても78%であり、今回のようにまずこうなるであろう程度では65%がいいところだということだ。 多分こうなるだとせいぜい55%止まりである。 で、これまではその当てにならない自分の予想をもとに売る、つまり今回はここまで上げれば下げるだろうという確かな根拠のない売り、いわゆる助平ショートをやってきたのだが、もうこれからは予想に基づくトレードは一切せずに、チャートのローソク足だけを見て売買を行う。 となると今まで毎週日曜日に書いてきた今週の戦略は必要ないことになるわけだ。 うん、それでいい、いや、それがいい。 その日の日足を見てから翌日の行動を考えればいいわけで、明後日以降の相場の先行きを必要以上に考える必要はないことになる。 まぁそれでもぼんやりとは思いを巡らすことにはなるだろうが決して真剣には考えない。 そんなわけでこの週末から相場の先行きは考えなくていいわ、銘柄も考えなくていいわでらくちんだね。 今週末と来週末は3連休になってるがどうやって時間つぶそうかなと思うが、このどうやって過ごすかを考えるのに時間がつぶれそうだな。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック