今週の戦略

 相場は相変わらず保ち合いの状況であり、その保ち合いの上限まで先週戻してきたことで今週は上値追いの可能性は薄いとみて、個別でさらに戻すものは躊躇なく売っていく戦略をとる。 昨年の9月から売りしかやっていないので1年間売り続けていることになる。 1月から4月までは相場が戻り相場となったことで戦略的には失敗と言えるかもしれないが、長期のトレンドはだれがどう見ても下降トレンドであり、基本戦略としては決して間違っていないと思っている。 年明けから春までの中期のトレンドを見誤ったが、あのような数か月にわたる中期上昇トレンドはしばらく発生しないとみている。 今度発生するとしたら日経で少なくとも19000円以下まで下げたときだと思う。 それまでは安心して?売ればいいと私は思っている。 なので今は分割で売買をしていることもあって基本的には損切りはしないという戦略をとっている。 個別に何か大きな材料が出ればその時は損切りということもあり得るが、そうでない限りは損切りはまずしない方針である。 損切りしないというのは相場の常識からは考えられないだろうが、今の相場なら売りであれば通用する戦略であると思っている。 ということで今週の具体的な戦略としては既存の銘柄で戻すものは売り増しする予定にしているのと、新規でも売り妙味のある銘柄については売っていくことも考えている。 新規で売ると一応ルール違反になってしまうのだが、銘柄数に関してのルールは他のルールほどの厳格さは必ずしも必要ないのではないかと勝手解釈している。 それから今レンジ上限に到達していることからここからは反落するという予想を一応しているところであるが、レンジを突破する可能性も35~40%はあると見ている。 ただしその場合でも日経でいえばせいぜい21300円台どまりでそれまでには反落下降に転じるはずである。 今週に関しては上記のように考えた戦略で相場に臨んでいく。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック