今週の戦略

 明日の寄り付きは日経平均で20200円前後だと思うが、関心は寄り付いた後どういう動きになるのかである。 今月6日に付けた安値を割り込むのか否か、割り込むとしたら次は20000円を割り込むのか否か、それとも6日の安値を割り込むことはないが20300円を超えることはできずに安値圏で推移するのか、はたまた6日安値を割り込まず且つ大きく切り返しに転じるのかだが、今の時点でどうなるかなんて分かるはずもなく、日々の値動きを確認しつつ対処していくしかないだろう。 それを踏まえて今週の戦略を立てるなら、まずはここから下げが続く場合のことを考えて、明日の寄付でいくらかは玉を建てる必要がある。 なので複数の銘柄に寄り成り注文を入れておくとともに、指値注文も複数銘柄に入れておきたい。 いくらで約定するか分からない寄り成り注文を入れる銘柄は、相場が下げずに切り返し反転する場合のことを考えて選定する必要がある。 つまり寄付で約定した後、株価がそこから上げていくのであれば、逆張りで増し玉をすることになるので最低売買代金が大き目になる銘柄は避ける必要があるということである。 具体的には2度の増し玉に耐えれるだけの売買代金の銘柄を選定する必要がある。 まぁ3度増し玉をするような相場になるとは思えないので2度考えておけば十分だろう。(個人的には1度で済むと思っているが) むしろ問題は相場がそのまま下げて行った場合、小ロットのポジションしか建てていないことになるので思うほど稼げないという事態に陥る。 だがこれは割り切るしかないと思っている。 過去儲けようとしてポジションを大きくすると一時的に反転したときに損切りさせられて、その後ほどなくして再び下げに転じて悔しい思いをする羽目になることが多かったように思う。 そんなわけで今は負けないことを第一に考えたポジション取りをするようにしている。 大きく稼げなくても負けなければいいという考え方である。 すなわち勝率にこだわるということであり、一般的なトレード常識とは表向き異なるが、期待値プラスの手法であれば意味するところは同じであると思っている。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック