想定通りの展開

 今日は大きく下げたが昨日の記事で書いた通りの展開となっただけで別に驚きはない。 売り建てていた4銘柄ともそれなりに下げてくれているのでその点に関してはいいのだが、指値で新規の売り注文を入れていた銘柄が約定しなかったことが残念である。 注文を入れるときに寄り成りにするか、前日安値にするか、前日引け値にするか考えた末に前日引け値にしたのだが、前日安値まではあったが引け値には届かずで約定を逃してしまった。 で、仕方ないので方針を変更して別の銘柄であるユニチカ(3103)を引け成りの406円で売ってやった。 むろん明日以降戻すようなら売り増しするだけである。 これで規定の5銘柄になったのでここからは売り増しでしか売りポジションを増やせない。 新規で売るならどれかを手仕舞いしなければならないことになる。 これはマイルールなので絶対である。 さて日経は今日のところは何とか21000円をキープして引けているが明日はどうだろうか? チャートを見る限りにおいては難しいように思えるが・・・。 21000円という水準自体今はキリ番というだけであって、それ以外に節目となる意味合いはないと私は思っているのだがどうだろうか。 いや仮になにがしかの意味が多少なりともあったとして、今の下げのモメンタムの前には大した意味をなさないのではないかと思うのだが・・・。


スイングトレードランキング


コメント

非公開コメント

トラックバック