FC2ブログ

Entries

水虫と掌蹠膿疱症

 今日の記事は私の体験を交えたアカデミックな医学ネタで行こうと思う。 その前に水虫に対して拒否反応を起こす人はこの場でスルーしちゃってくれたらいいですけど、私のブログで写真や動画が出てくることはありえないので、文字だけならそんなにキョヒらなくてもいいんじゃないかなと思うが、まぁ好きにしてくれたらいいと思う。 まずは私の水虫歴から言っておくと社会人になるまでは一切水虫とは縁がなく快適な足環境にあったのだが、銀行に入って寮生活をしていた時に同期の奴が自分の水虫になっている足に履いた靴下をふざけて私の足にこすりつけてきたのが始まりで、その1~2週間後には足が痒くなって水虫の症状を呈してきた。 でこれはまずいと思い速攻皮膚科へ行くと案の定しっかり水虫をうつされていた。 その後は薬を適当に塗っていたら症状は一応治まっていたが、治ったと思って薬をやめていたら次の年の夏になるとまた症状が出てくるという繰り返しを数年やっていた。 その後はしばらく症状の出ない年が続いていたのだが、ある年に同じような症状が出たのでまた水虫になったと思って病院に行った。 自分ではてっきり水虫だと思っていたのだが、その病院で検査をしたら水虫の菌は存在していなくて水虫ではないと言われた。 でもらった薬(ステロイド剤)を塗っていたが完全には治らないのでやっぱり水虫と違うか?と思って先生に尋ねると、もし水虫だったら今の薬を塗るとひどくなるはずだがそうなっていないことから水虫ではないと言われた。 それでも納得がいかないところがあったので数か月後に再度検査をしてもらったが、やはり水虫菌は存在しておらず水虫ではないことが確定した。 それから数年の間ひどくはならないが完全には治らないという状態であった。 その後その(個人)病院が閉院したこともあって今の大学病院に通院するようになった。 大学病院でも2~3回は検査してもらったがやはり水虫菌は存在していなかった。 素人目には症状が水虫の時の症状とほぼ同じなので見分けがつかないが、掌蹠(しょうせき)膿疱症という皮膚病がこれである。 私の場合軽症だったので小さな範囲に症状が出た時だけステロイドを1~2回塗ればそれで落ち着いていた。 そんな状態がここ20年ほど続いていたのだが、2~3週間前からその症状がひどくなってきたので塗り薬をしっかりと多めに塗っていた。 だが今までのように症状が改善することはなくひどくなる一方だったので先週の土曜日にたまらず病院に駆け込んだ。 で、医者(女医)に「薬塗っても全然効かないんですぅ~、痒いんですぅ~、腫れてるんですぅ~、何とかしてほしいんですぅ~、すっ、すっ、すぅ~」と言ったら、足の皮膚をピンセットで摘み取ってプレパラートに載せ顕微鏡で見ていた。 そして「水虫ですね、菌がいます」と言われた。 「え~っ、なんで~、今1日中家の中にいていつも裸足でいるのに~」と思ったが事実は事実で受け止めるしかない。 そして「今までの薬(ステロイド)塗ってたら余計ひどくなりますから~、水虫の薬出しときますからそれ風呂上りに塗ってくださ~い」だって。 私には今回水虫になった原因がどうしても思い当たらないのだが・・・、白癬菌はどこからやってきたんだろう? 自然発生したのかどうか知らんが革靴も履いておらず、靴下さえも履かず裸足で1日過ごしているというのに。 来週から仕事に行くので毎日革靴で過ごさにゃならんのだがこれで大丈夫かね? もし症状が悪化するようなら職場ではサンダル履きにするつもりであるが、まさか職場ではパンプス履きでないと駄目だなんて言われないだろうな。 以上しょうもないネタで時間を取らせてしまったかもしれないが、今日はしょうもない祝日なので大目に見てね。 明日からの相場頑張りましょう。


スイングトレードランキング


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/2033-1535fdd6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR