今週の戦略

 全体相場は今週も堅調に推移するであろうという前提に立った上でどう立ち回るのがいいのかを考えてみた。 全体が堅調に推移するとしても私はここから買いのポジションをとる気にはならないので売りのポジションをどうとるかということになる。 20近くある売り候補銘柄のほとんどが今は戻りの最中で上昇トレンドにあるのだが、その戻りに勢いがあるうちはポジションをとることは避けなければならない。 戻りの勢いに陰りが見え始め上げ止まったかなというような値動きになったところで初めてポジションを取る。 と言っても全量ではなく分割した量で入れる。 2分割にするのか、3分割にするのか、はたまたそれ以上に分割するのかは、エントリーする株価位置と損切りポイントと波動形状とその銘柄の値動きの癖から総合的に判断して決める。 全量を単発でエントリーしてもかまわないのは戻り高値(普通は損切りポイント)に近いときだけである。 上げ止まったと判断して最初にエントリーしたが上げ止まらずにさらに上に伸びたら然るべき位置で第2段目のポジションをとる。 まぁこんな形でポジションを分割エントリーしていくうちにトレンドはいずれ反転下降に転じるものである。 最初のエントリーは上げ止まったかなでいいが、2段目以降、特に最終のエントリーでは上げ止まったではなくトレンド転換したかなくらいで入るほうが安全である。 それ(最終エントリー)までに損切りポイントに到達すれば分割分が残っていても損切りしなければならないのは言うまでもない。 ポジション量の分割を等分割にするのか不等分割にするのかは状況によりけりだと思うが、等分割のほうが易しいのは言うまでもなく、不等分割はプロしか普通やらないやり方である。 今週からは以上の要領でトレードして行く予定であるが、すでに手掛けている千葉興業についてはできるだけ上記の形になるようなトレードに持っていきたいと考えている。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック