ノートレ

 今日は売り増しを考えていた銘柄が指値までは上げてこなかったことでノートレードとなりました。 日経は350円ほど上げましたが、依然として保ち合いのレンジの中での値動きですので特に書くほどのこともありません。 今晩というか明日の明け方のFOMCの結果が出るまではレンジ内での動きにならざるを得ないのは仕方ありません。 FOMCの結果が出ても大きな動きはなく、保ち合いの域を出ないこともあり得ますから、予想はするだけ無駄ということだと思います。 今回のFOMCの結果がどうであれ、日本の株価の動きとして中長期的には下方向への流れとなっていますので、一時的な動きはともかくとして時間の経過とともに下方向への動きとなるとみています。 そういう動きになる最大の要因は消費増税にあると個人的には思っています。 米国が利下げして米国の経済が好調になったとしても、日本はその恩恵を受けるよりも消費増税による個人消費の落ち込みの方の影響が勝ることは間違いないと思うんです。 それを今株価は織り込んでいっているから日本の株価は他国に比べて戻りが小さいというか、戻れないということになっているんじゃないでしょうか? 米国にしたところで利下げで果たしてどこまで経済が上向くのかという疑問は残りますね、米中貿易問題が未解決のままで。 利下げ効果よりも中国との貿易問題の影響の方が勝ると私は思うんですけどね。 まぁそんなことも考えながら明日も頑張りましょう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック