取り敢えず売った

 今日は前場を見ている限りは戻りが来たと思っていたが、後場になると下げに転じ、戻るどころかさらに下げるような気がしたのでその雰囲気につられてアウトソーシング(2427)を1316円で売り建てた。 エントリータイミングとしては後場の一番安いところを売ったことになり褒められたものではないが、一応昨日の終値よりは高いところで売っているので可としておこう。 それと今日の売りならこの銘柄は下げの初動段階(値幅は大きかったが実質昨日が下げ初日)と言えるので追っかけとはならないから下手なエントリーとまでは言えないだろうと思っている。 前場の段階ではどこまで戻るか見極める必要があり、いくら逆張りエントリーをすると言っても前場では売れない。 後場1時過ぎから下げてきたところでこれで今日の高値更新はないと判断して売ったが、結果的にはそこが後場の安値となった。 私のイメージはそこからさらに下げるというものだったのでそこで売るのは仕方ないね。 結局売値より8円高く引けたけどまぁこの程度なら我慢できる。 今日のこのトレードで反省するとしたらエントリーする際に1分足でなく5分足を見て判断してしまったことだろう。 1分足も5分足もさほど違わないと思われるかもしれないが、私は値動きの受け止め方が両足では大分と違うように感じる。 もし1分足を見ていたら今日エントリーしたポイントでは入らずに一旦の戻りを待ってから入ったと思うのである。 まぁ恐らくであり断定はできないが・・・。
 さて全体相場は今日も戻りに入れずTOPIXは十字足、日経は上下のひげが長い陰線となっている。 これは来週から戻りに入るよりも続落となる可能性の方がどちらかと言えば高いと思われる。 日経で言うなら21000円に一旦はタッチしないことには戻りに入れないのではないかという気がしている。 もちろんそこで下げ止まって戻りに入るとは限らず、21000円を割り込んで下げて行くこともあり得るわけだが。 そして21000円を明確に割り込むようなら20000円の心理的節目まで節目らしきものはないからズルズル行っちゃいそうだね。 ということで今週もお疲れさまでした。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック