陰の陽はらみ

 今日の引け足は陰の陽はらみとなり、そんなに弱くもないが強くもないという感じになりました。至って順当な足を引いて終えたこともあり、今日は特に書くことも有りません。明日も様子見になりますので売買はしません。仮に明日大きく下げれば明後日は売買するかもしれません。売買するかもしれないと書きましたが、正確に言うと注文は出すが約定するかどうかは分からない、ということになります。つまり指値注文を出しますよということです。今後の注文はほとんどが指値注文になると思います。手法を見直したことで注文方法も変えないと手法にマッチしなくなるからそうしました。絶対に売らなければならないか、買わなければならない時だけ寄り成り注文を出します。寄り成り注文に拘るのはナンセンスだと私は思うのでそうします。因みに4月17日の566円で約定した売りも約定値は寄付値と同じですが、注文は寄り成りではなく、565円の指値売り注文でした。寄付が566円となったので寄付で約定したまでのことです。

 仮に注文出して約定すれば又資金管理ルールを破ることになりますが、今回は全く気にしません。その理由は「底割れはない」と思っているから。つまり3月25日や4月11日より下へは行かないという判断です。その判断の根拠は「総合的に判断して」です。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック