1銘柄手仕舞いして2銘柄新規建て

 今日のトレードは1銘柄新規で売り建てて、1銘柄を新規買い建て、既存の売り玉1銘柄を手仕舞いしました。 先ずはバランス的に売り玉を新規で建てておこうということで極東貿易(8093)を寄付で売っておこうと注文を入れたら、自分の注文で気配値が急落してしまったのを見て一旦注文を取り消した。 それほどこの銘柄は板がスカスカでザラバも数十分約定しないことが常態の銘柄なんで以前もイライラして手じまったことがある。 で、とりあえず寄り付いてから様子を見て売ったのだが、結果的には寄付値1580円よりも大分安い1563円で売る羽目になってしまった。 で次に新規の買いとしてコムチュア(3844)の下げたところを狙っていたのだが、下げて来なかったので寄付値より10円安い3700円ちょうどで買いを入れたのだが、わたしが買った後めちゃ下げてやがんの。 売った銘柄はもう少し待っていれば高く売れて、買った銘柄はもう少し待っていれば安く買えた。 今日に限って言えばもうちょっと我慢してれば有利な売買になったのだがこれは結果論であり、我慢したが為に逃がしたということになる場合もあるのだから、一概にいつも我慢すればいいというものではないと思う。 まぁそんなこんなでのエントリーとなったが、引けてみればどちらもわずかながら含み益状態で終えることができたので「まっ、いっか」と思っている。 とここまではまあ良かったのだが、これら新規のエントリーに気を取られている間に、既存の売り玉であるシード(7743)が急騰していて、手じまうつもりであった値をとうに超えてしまっていることに気付き、慌てて1111円で手じまったという次第である。 まぁこの銘柄は結構利益が乗っていたのでこれでもそこそこの利益となったが、それでもある程度の利益をみすみす削ったことになったのが残念である。 以上が本日のトレードですが、今日は寄付きから30分ほどバタバタしただけだったように思います。 
 今日も日経は続伸となっておりますが、トピはマイナスとなっていて依然として上値を更新できずレンジに収まったままです。 この辺も今一つ強気になれない一因ですね。 銘柄数、量ともにポジションが買いに傾いていますのでバランス的に明日以降は売りを主体にして行こうと思っています。 しかしわたしゃ思うんだけどさぁ、みんな10連休を気にしていて連休前にはポジションを軽くするなり解消するなりしようと考えているわけでしょ。 この今の上げトレンドをいつか売り崩してやろうと虎視眈々と狙っているヘッジファンドが必ずいると思うんだけど、同じ売り崩すなら連休中や連休後より連休前の方が絶対効率いいと思うんだけどな。 だって連休前までに多くの人がある程度買いポジションを解消するわけだから、連休中や連休後に売り仕掛けるよりも連休前に売り仕掛ければみんなどっと売りに出るでしょ。 その方が値幅は絶対に稼げるよね、ある程度みんなが売ってしまった後の連休中や連休後に売り崩すのに比べたら。 私だったらそうするけどまぁマーケットは日本だけじゃないから、私が考えるようなそんな単純な戦略は通用せんわな。 でもまったく可能性はゼロではないと思うぞ。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック