改めて物価上昇率2%達成を確信

 過去に何度か物価上昇に関する記事を書いて来たが、今日も身近に物価上昇体験をした。いつも焼酎を買いに行くディスカウントストアに行くと、駐車場に止めてある車の数がいつもに比べてガラガラな状態だったのを見て「んっ?」と一瞬思ったのだが、「そうか、消費税が上がる前の駆け込み需要の反動か」、と思いながら店の中に入った。店に入るまでは、「まぁ3パーセント分はしゃあないわな」と思って入ったのだが、商品の前に立って唖然とした。今まで税込で○○○○円だったのが、○○○○円+消費税となっている。つまり商品そのものの価格が5%上がっているのである。これはまだいい方で、私が今まで買っていた焼酎は20%超も上がった上に消費税8パーセントである。私は飛び出た目玉を中へ押し戻しながら、「これだけ上がったのならもともと高かった焼酎とそんなに差はないやんけ」と思い、今までよりもちょとだけランクが上の焼酎を買ったのである。その結果私の支払額は今までと比べると、なんと!なんと!なんと!33%もの増加となったのである。以上がまず一つ目の体験である。

 続いて二つ目は体験と言うのではないのだが、以前の記事でも書いたように私は土曜日に入る新聞の折り込みチラシの中の家電量販店のチラシで価格チェックをしている。ここ1~2か月ほど見ていなかったので今日久し振りに見てみたら、エアコンの価格が依然と比べて明らかに上がっている。もちろん消費税増分以上にである。2014年モデルに切り替わったとは言えやり過ぎじゃないの?と思うくらいに上がっていると感じたのである。テレビはそんなには目立たないように感じたが、パソコンはそこそこ上がっているなという感じである。

 2%の物価上昇目標に対して、今日本で一番自信を持っているのは黒東だと思うが、次に自信があるのはこの私だと思う。まぁ私の場合は根拠のない自信ではあるが・・・。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック